秋季リーグ戦 対拓殖大学三回戦

こんにちは。
本日は、拓殖大学との三回戦を神宮球場にて行いました。

(拓殖大学三回戦)
拓殖 001 102 000  4
立正 100 010 000  2
釘宮(3回) 山下(1回) 黒木(5回)-小畑

リーグ戦初先発の釘宮は初回に2死1・2塁のピンチを招く
も、落ち着いた投球で次の打者を三振に仕留め、この回を
切り抜けました。続く2回も威力のある真っ直ぐとキレ味鋭
い変化球を交え、相手に反撃の隙を与えませんでした。
しかし、3回に連打と四死球での押し出しで1点を失い、
この回でマウンドを降ります。4回からは技巧派左腕の山下
がマウンドに上がりましたが、1死から四球を与えると、犠打
で進塁を許し、次の打者に適時打を打たれ1点を失い、
1イニングでマウンドを降ります。5回からは黒木をマウンドに
送りました。5回は四球でランナーを出すも、無失点で終える
事が出来ましたが、6回に先頭打者に出塁を許すと、自身の
エラーで2点を失い、相手に勝ち越しを許してしまいました。
その後の回は無失点に抑えるも、結果6回に許した得点が
決勝点となり、悔いの残る試合となりました。
攻撃では、初回に先頭の新納がライト前へのヒットで出塁し、
次の河津がバントで送り、新納が2塁へ進塁すると、3番
皆川の打席の間に3塁への盗塁に成功する。その後、皆川
が四球を選び、尚も1死1・3塁のチャンスで4番伊藤に打席
が回り、伊藤のサードゴロの間に3塁ランナーの新納が
ホームに生還し、幸先よく先制点を上げる事が出来ました。
しかし、2・3・4回と得点を上げることができず、苦しい場面
が続きました。5回には1死から伊達が四球で出塁し、大平
のライト前ヒットで1死1・3塁とすると、先制のホームを踏んだ
新納の犠打で1点を追加し同点としましたが、その後は得点を
上げることができず、合計4安打と打線が奮起せず敗戦し、
勝ち星を上げる事が出来ませんでした。

null
開幕からフル出場で攻守にわたって活躍を見せる9番大平

null
リーグ戦初先発で堂々としたピッチングをした釘宮投手

次の試合
9月12日(土)
対 青山学院大学 一回戦
13:00 (青山学院大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対拓殖大学二回戦

本日は、拓殖大学との二回戦を立正大学グラウンドにて
行いました。

(拓殖大学二回戦)
立正 000 110 401  7
拓殖 000 120 000  3
堀(4回2/3) 出羽(3回1/3) 釘宮(1回)-小畑

先発投手堀は、4回に連打を浴び1死2・3塁のピンチ
を迎えピッチャーゴロに打ち取るもセカンドへの悪送球
で1点を失うも後続を抑えピンチを切り抜けました。
5回にも連打でピンチを向かえましたが、併殺打に
打ち取り2死3塁でマウンドを降りました。リリーフと
して出羽がマウンドに上がりなんとしても抑えたい場面
でしたが、連続2塁打を浴び2点を入れられ逆転を許しま
した。6回から出羽は安定感を取り戻し、8回まで得点を
許しませんでした。9回からは1年生投手釘宮がマウンド
に上がり、ランナーを許すもバックに助けられ試合を
締めることができました。
攻撃では、4回に先頭打者の近藤がライトへの2塁打で
出塁すると、続く打者伊達が犠打で送り、昨日ホームラン
を放った小畑が左中間への鋭い当たりで先制点を上げる
事ができました。5回にも1死満塁を作り、先ほど先制の
口火を切った5番近藤がレフトへのタイムリーヒットを
放ち追加点を上げる事が出来ました。その後逆転される
も7回に先頭の皆川がヒットで出塁し、1死1.2塁を作る
と主将の伊達が持前の勝負強さを発揮しセンターへの
同点タイムリーを放ちました。その後、相手のミスで逆転
に成功しなおも2死満塁で好調の新納に打席が回り
フルカウントの末ダメ押しとなる2点タイムリーを放ちました。
最終回にも攻撃の手を緩めることなく、先制タイムリーを
放った小畑が2塁打を打つと、相手のミスによりホームに
生還しこの回も得点を上げることができました。


先制の口火を切った5番近藤

null
同点タイムリーを放った主将の6番伊達

null
4打数4安打2打点と好調の1番新納

次の試合
9月7日(月)
対 拓殖大学 三回戦
9:00 (神宮球場)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

秋季リーグ戦開幕 対拓殖大学 一回戦

こんばんは。
本日、東都2部リーグが開幕致しました。
(拓殖大学一回戦)
拓殖 000 020 001  3
立正 000 010 010  2
黒木(9回)-小畑

開幕投手を務めた黒木は、初回から2本のヒットを浴び
ピンチを向かえましたが、簡単に点を与えることなく、
2回以降からもヒットは打たれるものの要所を締める
投球で付け入る隙を与えませんでした。
ところが、5回に先頭打者にヒットを許すと、2番3番に
連打を浴び先制点を許しました。なおも、ミスにより
この回2点を入れました。その後も、ピンチを向かえるも
0に抑えていましたが、9回に先頭打者にレフト線の
2塁打を許しました。2死3塁とこぎつけたものの
4番打者の初球甘く入ったスライダーをレフト前に
放たれこれが決勝点になり初戦を白星で飾ることが
できませんでした。
攻撃では、5回の先制された回に、8番小畑がレフトに
本塁打を放ち得点しました。その後、6回7回とランナーを
出すものの1本が出ずなかなか追いつくことができません
でした。ところが8回1死から1番打者新納が左中間を
破る3塁打を放ち、2番河津が初球スクイズを決め追い
つくことに成功しました。
走塁や守備でのミスもあったので、そのミスをなくし
明日の試合は勝てるよう精一杯頑張りたいと思います。

null
5回にレフトへ本塁打を放った8番小畑

null
8回に左中間を破る3塁打を放った1番新納

明日の試合ですが、悪天候が予想されるため12:00
試合開始に変更致しました。

9月6日(日)
対 拓殖大学 2回戦
12:00 (立正大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

2015.5.25  対 日本大学 三回戦

こんにちは。
昨日は、日本大学との三回戦を日本大学グラウンドにて行いました。
(日本大学三回戦)
日大 113 000 000 5
立正 000 000 000 0
堀(3回) 尾島(1/3) 黒木(5回2/3)―小畑

二回戦のリベンジで先発した堀は初回から3本のヒットで
簡単に先制点を許してしまいました。2回にも先頭打者を
出しタイムリーヒットで得点されてしまいました。なかなか
0点で抑えることができず、3回にも2死から4連打を
くらいこの回3失点と2回戦と同じような内容に終わり
ました。4回からリーグ戦初登板の尾島がマウンドに上が
り、流れを食い止めたかったですが1死から2連続四球で
マウンドを降りました。その後は、黒木が相手打線をシャッ
トダウンしあとは味方の反撃を待つだけでしたが、毎回の
ようにランナーを出しチャンスを作るもののあと1本が出ず
1点も奪うことができませんでした。
今季は5位という情けない結果に終わり本当に悔しい
リーグ戦でした。メンバーだけではなくチーム全体がこの
結果をしっかりと受け止め支えくいただいている方々のため
のも秋季は必ず一部復帰できるよう秋までの約3ケ月間
精一杯頑張りたいと思います。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

2015.5.25 対 日本大学二回戦

こんばんは。
本日は、日本大学との二回戦を立正大学グラウンドにて行いました。

(日本大学二回戦)
立正 011 001 100 4
日大 070 200 04× 13
堀(1回1/3) 山下(1回3/2) 出羽(4回) 水原(1回)-小畑

先発投手堀は、2回に先頭打者にセンター前を打たれる
と途中三振を挟んで5連打を浴び、2回途中でマウンドを
降りました。代わった山下も日大打線を止める事が
できず、この回だけで、7点を失いました。4回から出羽
がマウンドに上がり立正に流れを持ってきたかったですが
先頭打者を四球で出し、3本のヒットとエラーで2点を追加
を許してしまいました。8回には、今季初登板の水原が
マウンドに上がり最終回の攻撃につなげたかったですが
この回も3本のヒットと3つの四球で4点を失いました。
4人の投手が投げ16安打・13失点とかなり悔しい内容
でした。
攻撃では、2回に先頭打者伊藤がレフトへ場外本塁打を
放ち先制しました。3回・6回・7回と先頭打者が出塁し
共に1点を取るもののその後が続かず大量得点すること
ができませんでした。
明日も試合があるので本日の反省を活かしこの屈辱を
晴らし勝ち点を挙げ秋季に繋がるものにしていきたい
と思います。


2回に先制の場外本塁打を放った4番伊藤

次の試合
対 日本大学 三回戦
13:00 (日本大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

2015.5.23 対日本大学 一回戦

こんばんは。
本日は日本大学との一回戦を日本大学グラウンドにて行いました。

(日本大学一回戦)
日大 000 000 100 000  1
立正 000 100 000 001  2
黒木(12回)-小畑

先発投手黒木は、5回までノーヒットピッチングで完璧の立ち上がりを
魅せ相手に突き入る隙を見せませんでした。ですが、7回に先頭打者に
ヒットを許し、盗塁で1死2塁を作られ代打で出てきた打者にセンターへの
タイムリーを打たれ得点を許してしまいました。その後もピンチが続きました
が、気迫の投球で流れを渡しませんでした。
黒木は12回、176球を投げ4安打18奪三振の好投で今季三勝目を
挙げました。
攻撃では、4回に3番皆川が四球を選び、4番伊藤が犠打で送り
5番三好のライトフライの間に3塁に進塁し、6番鹿沼がセカンドへの
強い当たりを放つと相手セカンドが後ろへ弾き先制点を上げることが
できました。その後はなかなかランナーを出すことができず、9回・10回
とチャンスを作るもののスクイズ失敗とあと1本が出ず得点を上げる事が
できませんでした。ですが、延長12回5番樋口・7番伊達のライト前、更に
8番小畑が死球をもらい、1死満塁の絶好のチャンスを作りました。
サヨナラの場面で9番吉江が試合を決めるサヨナラライト前を放ち
見事な勝利を収めることができました。
明日の試合もこの勢いのまま勝利できるよう頑張っていきます。

null
12回最後まで投げ切り今季3勝目を挙げた黒木投手


感謝の気持ちで打ったと語っていた9番吉江

次の試合
対 日本大学 二回戦
13:00(立正大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

2015・5・17 対 東京農業大学 2回戦

こんばんは。
本日は、東京農業大学との2回戦を東京農業大学グラウンドにて行いました。

(東京農業大学2回戦)
農大 000 000 103 4
立正 012 510 10× 10
堀(6回) 山下(1回) 秋月(1回) 木寺(2/3) 出羽(1/3)-小畑

今季2度目の先発堀は、6回まで投げ打たせて取る投球で相手を封じ込めました。
5回には、1アウトを取ってから2塁打、四球、レフト前でピンチを向かえましたが
焦ることなくコーナーに投げ分け併殺打に打ち取り素晴らしい投球を魅せてくれました。
7回からサウスポー山下が投げ簡単に2アウトを取るものの2塁打とレフト前で得点を
許しました。その後は追加点を許すことなく、8回から秋月が投げランナーをだすものの
粘りの投球で相手に隙を見せませんでした。最終回に新入生の木寺がマウンドに上がり
先頭打者にライト前を打たれ続く打者にもセンター前でピンチを向かえました。その後は
踏ん張りを見せ2アウトまでこぎつけることができましたが、続く打者にレフトへ本塁打を
放たれマウンドを降りました。最後は守護神出羽が抑え完璧な投手リレーとは言えません
でしたが、勝利することができました。先発投手堀もリーグ戦初勝利を納める事が出来ました。
攻撃では、2回に5番郡がライトへ場外本塁打を放ち先制し波になることができ、3回
にも先頭吉江がレフト前、2番河津がセンター前、3番皆川が四球で出塁すると
頼れる4番伊藤がレフト線へのタイムリー2ベースで2点追加することができました。
4回には主将伊達がライトへのソロ本塁打で1点、その後もヒットと相手のミスで
満塁にするとチャンスに強い3番皆川がライトへ本塁打を放ちこの回一挙に5点
を追加することができました。5回にも相手のミスからチャンスを作り、ここで中々調子
の上がらなかった小畑がレフトへの2塁打で1点追加することができました。7回にも
相手投手のコントロールが定まらず押し出しの四球で追加点を上げ、7回が終わり
3本の本塁打を含む11安打10得点で課題であったチャンスでの1本が出て良い
攻撃ができていたと思います。
本日の勝利で今季初勝ち点を取ることができました。
満足することなく来週の最終戦に向けて課題を潰していき、勝ち点が取れるよう
チーム一丸となって頑張っていきます。


リーグ戦初勝利した堀投手


打線の口火を切った5番郡


今季2本目の本塁打を放った主将伊達


勝負強い打撃で満塁本塁打を放った3番皆川

次の試合
対 日本大学 1回戦
13:00(日本大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

2015.5.16 対 東京農業大学 一回戦

こんばんは。
本日は、東京農業大学との一回戦を立正大学グラウンドにて
行いました。
(東京農業大学一回戦)
立正 003 000 000 3
農大 000 000 101 2
黒木(9回)-小畑

今季6回目の先発投手黒木は、初回から隙を与えない投球を魅せ
いい立ち上がりでした。4回には連打で1死満塁を向かえるものの
併殺打でピンチを断ち切り得点を許しませんでした。
ですが、7回に先頭打者に2塁打を打たれ続く打者にライトへタイムリー
を放たれ簡単に得点されてしまいました。その後もピンチでしたが
2連続三振で抑えることができました。3-0で迎えた最終回、
1死から四球でランナーを出し続く打者を見逃し三振で抑えるものの
そこから2連打を浴び2死満塁を向かえ簡単に追い込んでからパスボールで
追加点を許してしまいました。打たれれば同点または、逆転サヨナラ負け
するとこをでしたが、最後は気迫のこもった真っ直ぐで見逃し三振に取り
勝利することができました。
攻撃では、3回に先頭打者小畑がレフト前で出塁すると相手のミスから
1死2・3塁を作ると河津がライト前に2点タイムリーを放ち先制する事
ができました。その後も2死3塁から頼れる4番伊藤がセンターへのタイムリー
でこの回一挙に3点を奪いました。
5回以降も毎回のようにチャンスを作るもののあと1本が出ず追加点を
挙げることができませんでした。
本日は接戦をものにし勝利することができましたが、本日のように1回
だけではなくチャンスを作り追加点を挙げれる野球を展開しもっと
ピッチャーに負担のかからない攻撃をしていかないと感じました。
明日も試合があるので全員で勝利を掴み勝ち点を挙げたいと思います。


足がつりながらも好投を魅せた黒木投手


2安打2打点の大活躍をした2番河津

次の試合
対 東京農業大学 二回戦
13:00(東京農業大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

2015.5.2 対 国士舘大学 一回戦

こんにちは。
本日は、国士舘大学との一回戦を立正大学グラウンドにて
行いました。

(国士舘大学一回戦)
立正 000 000 000 0
国士 200 420 00× 8
黒木(3回2/3) 神戸(3回1/3) 出羽(1回)-小畑

先発投手黒木は、先頭打者にいきなり本塁打を浴びその後も
連打でピンチを作り、犠飛打で初回から2点を奪われました。
2回・3回と三人で抑え調子を上げてきたと思われましたが、
4回に2死から2本の本塁打を浴びこの回4てんを奪われ黒木は
4回途中でマウンドを降りました。続く神戸は5回に連打でピンチを
迎え犠飛打と適時打により2点を奪われてしまいました。
5回が終わり8点を追いかける形になりました。
攻撃では、初回と5回にチャンスを作るものの1本が出ずなかなか
得点を上げる事が出来ませんでした。
試合が終わってみると初回に出た1安打に抑えられとても屈辱的な
結果にでした。
ですが、落ち込んでいても始まりません。明日も試合があるので
切り替えていきたいと思います。


唯一の安打を放った2番河津

明日の試合
対 国士舘大学 二回戦
13:00(国士舘大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
主務 芝

2015.4.26 対 青山学院大学 二回戦

こんばんは。
本日は、青山学院大学との二回戦を立正大学グラウンドにて
行いました。

(青山学院大学二回戦)
立正 000 000 010  1
青学 100 000 01×  2
堀(5回) 山下(2回) 出羽(1回)-小畑

今季初登板の堀は、先頭バッターを四球で出し盗塁で2塁に進まれ
2番バッターの犠打で1死3塁にすると、3番バッターにライト前を打たれ
簡単に先制点を許しました。その後は要所を締める投球で今季初登板長ながら
5回まで1点に抑える好投を魅せました。
攻撃では、3回以外ランナーを出しチャンスを作るもののあと1本が出ない
我慢の展開でした。ですが、8回に先頭バッター郡が相手のエラーで出塁し
2番バッター伊達の打席間の郡が盗塁し、伊達がしっかり犠打で送って
1死3塁を作ると3番皆川がセンターへのタイムリーを放ち、追いつくことが
できました。しかし、8回の守りで先頭バッターにレフトへの2塁打を許し
犠打と犠飛で簡単に逆転されてしまいました。
2カード目を落とし、かなり厳しい現状になりましたが下を向くこと無く
来週の国士舘大学との試合では必ず2連勝し勝ち点を上げたいと思います。


8回勝負強いバッティングで同点タイムリーを放った3番皆川