平成30年度立正大学硬式野球部練習納め

こんにちは。

平成30年12月15日をもちまして立正大学硬式野球部の全体練習を終了
致しました。
本年度も多大なるご支援ご声援をいただきまして、誠にありがとう
ございました。
2度目の日本一を果たすことができましたのも、皆様のご尽力あってのものだと思います。
心より感謝しております。
来年度も皆様のご隆盛を願うとともに、本年と変わらぬご支援を
宜しくお願い致します。

null
トレーニングの様子

JAくまがや様よりお米の差し入れ

第49回明治神宮野球大会優勝のお祝いの品として、JAくまがや様よりお米の差し入れを
いただきました。
誠にありがとうございます。部員一同、感謝しております。
この度、優勝出来ましたのも皆様のご尽力あってのものだと思います。
今後ともより一層皆様のご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

null
JAくまがや様よりいただいたお米

第49回明治神宮野球大会 対 九州共立大学

平成30年11月10日に明治神宮野球大会準々決勝 対 九州共立大学が行われました。
試合は先発、糸川が8回まで無失点と圧巻の投球を見せた。
打線は7回先頭の3番小郷が四球で出塁すると盗塁と相手のエラーでチャンスを作った。
その後、4番伊藤(裕)がレフトへ豪快なホームランを放ち2点を先制した。
9回は抑えの釘宮が0点で切り抜け接戦をものにした。
日本一を達成するために熱いご声援宜しくお願いいたします。

対 九州共立大学
 
九 共  000 000 000=0
立 正  000 000 20×=2

九)島内 久保ー城間
立)糸川 釘宮ー木下

null
好投を見せた 2年 糸川 亮太

null
豪快なホームランを放つ 4年 伊藤 裕季也

2018年 ドラフト会議

2018年ドラフト会議にて本学から2名指名されました。
今後とも熱いご支援、ご声援宜しくお願いいたします。

◇伊藤 裕季也のコメント◇
今回、2018年ドラフト会議にて横浜DeNAベイスターズより2指名して頂きました。
今は素直に嬉しい気持ちもありますが、まだ自分がプロの道に進む実感もなく不安な気持ちもあります。
昨年、先輩方が「1部に上がれば人生が変わる」という合言葉を元に
チームは東都リーグ1部復帰を果たし、今年は1部で勝って人生を変えようと
常に口にしながら日々の練習に取り組んできました。
1部に上がらなければアピールの場も減っていたと思うので
2位指名という評価はなかったと思います。
今まで立正野球部を築いてきてくださった先輩方のおかげで
今年こうして人生を変えることができました。
指名を受けたと同時に野球が出来る喜びを改めて感じました。
学校関係者をはじめ、監督、コーチ、先輩方、同級生、後輩、関係者の皆様に
この場をお借りして心より感謝申し上げます。
初心を忘れず1年目から活躍し、より長いプロ野球人生にしたいと思います。
今後も変わらず、温かいご声援の程宜しくお願い致します。

◇小郷 裕哉のコメント◇
今回、2018年ドラフト会議にて東北楽天ゴールデンイーグルスより7位指名して頂きました。
プロ野球の世界のスタートラインにまず立つことができ素直に嬉しく思います。
今回の指名は自分の力だけで掴んだものではなく、立正大学野球部に携わっていただいた
全ての方々の協力があってのことだと実感しております。この場をお借りして、心より感謝申し上げます。
また、明治神宮大会も控えておりますので、感謝の気持ちを「日本一」という結果で返せるようにチーム一同、精進して参ります。

null
左・横浜DeNAベイスターズ2位指名 伊藤 裕季也(内野手) 
右・東北楽天ゴールデンイーグルス7位指名 小郷 裕哉(外野手)

1年生 熊谷消防署 見学・体験

平成30年9月18日に1年生の課外授業の一環として熊谷消防署にて救急救命講習を行いました。
応急手当・救命処置などを体験し、改めてその重要性に気づくことができました。
今後の生活に活かせる知識を学ぶことができとても良い機会になりました。
1年生一同、誠に感謝しております。本日は、お忙しい中ありがとうございました。

null
救命措置の様子

null
応急手当の様子

平成30年度 東都大学野球 交流戦

平成30年8月29日に東都大学野球 交流戦が行われました。
1、2年生が中心となりフレッシュなプレーが神宮球場で見られました。
リーグ戦前に良い経験になったと思います。今後ともご支援、ご声援
宜しくお願いいたします。
(立正大学ー日本大学)
立 正  000 000 000=0
日 大  000 001 00×=1

立)佐藤 前野 南部ー奧田
日)谷脇 市川 津高 吉松 赤星 岸田ー山田 多鹿

(立正大学ー成蹊大学)
立 正  000 013 21=7
成 蹊  000 000 00=0

立)田中 福島 村松 中島ー中嶋 立松(由)
成)芳賀 東内 眞崎 栗林 山本 村上ー白井

null
2安打の2年生 立松 由宇

野球部OBより梨の差入れ

 こんにちは。
秋季リーグ戦まで約1ヶ月となりました。OBからいただいた
梨をたくさん食べて日々の練習に励みたいと思います。
選手一同、梨を美味しくいただきました。ありがとうございました。
これからも熱いご支援、ご声援よろしくお願い致します。

null

null
梨を食べる選手の様子

香川県高松市野球教室

こんばんは。
本日、高松市内の小学生を対象とした野球教室が行われました。
本学の部員たちは野球を楽しむことの大切さを改めて実感することができたのでは
ないかと思います。
今回の野球教室が少年・少女たちの、今後の成長に繋がれば幸いです。
本日はお忙しい中、たくさんのご参加ありがとうございました。

null
立正大学硬式野球部員と高松市内の少年野球チーム

新チーム始動について

こんにちは。
先日、来年度の新役員が正式に発表となりました。

主将 伊藤 裕季也(日大三・法3)
副主将 小郷 裕哉(関西・法3)、木下 朗(戸塚・法3)
主務 田中 文隆(知徳・法3)

加えて今年から新たに、金剛 弘樹 コーチが就任されました。
(立正大学→朝日生命→日本通運→中日ドラゴンズ)

チームとしては何度も話し合いを繰り返した結果
「日本一」~守り勝つ野球~をテーマに掲げることとなりました。

監督・コーチ・マネージャー・学生コーチ・選手一同、「日本一」 にむけ精進してまいります。
今後とも皆様の温かいご支援、ご声援の程宜しくお願い申し上げます。

立正大学野球部
マネージャー

広畑 塁 読売ジャイアンツ 育成枠5位指名

 こんばんは、10月26日に行われました。ドラフト会議にて
本学、硬式野球部の広畑 塁(捕手)が読売ジャイアンツ育成枠5位で指名を受けました。

◇広畑 塁のコメント◇

今回、お陰様で読売巨人軍より育成選手として指名していただきました。
正直な気持ち、未だ実感が湧いていませんが、素直に嬉しい気持ちでいっぱいです。
今年、『人生を変えよう。』という合い言葉を元に、チームは東都大学1部復帰を果たしました。
今回の指名は、学校関係者をはじめ、共に戦った仲間達、支えてくださった関係者の協力無しではあり得ませんでした。
この場をお借りして、心より感謝申し上げます。
今回の感謝の気持ちを決して忘れる事無く、必ず支配下契約をつかみ取ります。

今後も、温かいご声援のほど、よろしくお願いいたします。

立正大学 硬式野球部 4年 広畑 塁

null
チームメイトから胴上げされる 広畑 塁 


坂田 精二郎監督と広畑 塁