秋季リーグ戦 対東京農業大学二回戦

こんにちは。
一昨日は、東京農業大学との二回戦を東京農業大学グラウンドにて
行いました。

(東京農業大学二回戦)
農大  100 000 020  3
立正  000 000 200  2
高橋(7回2/3) 黒木(1回1/3)ー小畑

先発した高橋は初回に先頭打者に安打を許すと、続く打者に
犠打で送られ1死3塁のピンチを招きます。先制点を許したくはない
場面でしたが、タイムリーを放たれ早くも1点を失いました。
しかし、その後は走者を出すも打たせて捕る投球で7回まで1失点
におさえる好投を演じました。そして打線も高橋の好投を盛り立てる
かのように7回に奮起しました。先頭の8番小畑が二塁打で出塁し、
1番の新納もヒットで出塁し1死1・3塁とすると、2番河津の打席の間に
新納が盗塁をここるみその際にキャッチャーの悪送球があり、まずは
一点を返しました。そして、1死3塁となり河津がセカンドへゴロを放ち
その間に3塁走者の新納が生還し、この回2点をあげ逆転に成功しました。
しかし、その次の回ここまで相手打線をわずか1点に抑えていた高橋が
相手打線につかまり2死満塁のピンチを向かえます。なんとしても抑えたい
ところでしたが、タイムリーを放たれ2点を失いました。結果、これが決勝点
となり惜敗を喫しました。

null
エースとして奮投した高橋

null
2安打と気を吐いた1番新納

この試合で私たち4年生は引退となりました。
良い結果は残せませんでしたが、このチームで戦うことができて
本当に幸せでした。社会に出ても立正大学で培ったものを活かし
一線で活躍したいと思います。
最後になりましたが、支えて下さった方、応援して下さった方に
お礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

立正大学硬式野球部
主務 芝 慎太郎