秋季リーグ戦 対国士舘大学二回戦

こんばんは。
本日は、国士舘大学との二回戦を立正大学グラウンドにて
行いました。

(国士舘大学二回戦)
立正  300 021 000  6
国士  000 000 000  0
釘宮(7回) 黒木(2回)-小畑

本日の先発投手釘宮は、1回に1死としたところでヒットを
打たれ、ランナーを許すも、後続を落ち着いた投球で打ち
取り無失点で切り抜けます。その後も毎回のように走者を
許すも要所を締める投球で、7回まで無失点に抑え勝利
投手の権利を得てマウンドを降ります。8回からマウンドに
上がった黒木は2イニングを投げ、3三振を奪い走者を一人
も許さない圧巻の投球で試合を締めくくりました。

打撃陣は初回に1番新納が四球で出塁しますが、2番の
河津のバントミスで1死1塁となります。しかし、ここで3番
皆川のセンター前ヒットで1死1・3塁とすると、4番伊藤が
ショートへの強襲ヒットを放ち、1点を先制します。尚も
チャンスは続き、今季初出場の5番村上諒が左中間へ
タイムリーツーベースを放ち、初回、一挙に3点をあげ、
先制に成功します。5回にも代打の5番近藤が四球を選び
出塁すると、続く6番伊達が三遊間を抜くレフト前へのヒット
でチャンスを広げます。その後7番樋口の打席の間に出塁
していた近藤と伊達がダブルスチールを決め、1死2・3塁
とすると、7番樋口がしぶとくセンター前へ運びダメ押しと
なる2点を追加しました。6回は1番の新納がサードの
失策で出塁すると、2番河津の打席の間に盗塁し、1死
2塁としたところで、2番の河津がライトへタイムリーを放ち
相手を突き放す6点目の追加に成功しました。
その後は投手陣の踏ん張りもあり、6-0で勝利を収める
事ができました。打撃面では最終的に10安打を放ち、
昨日の雪辱をはらす事ができ良かったと思います。
そして、この結果に満足する事なく、明日もチーム一丸と
なって試合に臨みたいと思います。

null
リーグ戦初勝利を挙げた先発投手釘宮

null
今季初出場ながら値千金のタイムリーを放った5番村上諒

null
ダメ押しとなる2点タイムリーを放ち勝利を大きく引き寄せた7番樋口

次の試合
対 国士舘大学 三回戦
12:00 (国士舘大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎