秋季リーグ戦 対青山学院大学 三回戦

こんにちは。
本日は青山学院大学との三回戦を青山学院大学グラウンド
にて行いました。
(青山学院大学三回戦)
青学 000 040 000  4
立正 000 016 00×  7
堀(4回2/3) 黒木(4回1/3)-小畑

一回戦と同様先発のマウンドを任された堀は、4回までは
打たせて取るピッチングで相手に付け入る隙を見せません
でした。ですが、5回に1死から3連打を浴び満塁を作られる
とレフトへの犠飛で先制されてしまいました。なおも2死1、2塁
初球の甘く入ったストレートをレフトへの本塁打にされこの回
4失点でマウンドを降りました。
4点を追う展開になり焦りを感じていましたが、その裏の攻撃
で先頭の主将伊達がレフト前ヒットで出塁するし、7番三好が
犠打で送ると、8番小畑が四球を選ぶと2死1,2塁で1番郡に
回ると初球を叩きピッチャーへの強襲ヒットからセカンドの悪
送球の間にランナーが還り、1点を返しました。6回の攻撃では
3番皆川、4番伊藤の連打と5番近藤の犠打で1死2、3塁を作る
とここで調子の良い6番伊達がライトへのタイムリーヒットを放ち
1点、。7番代打山田の打席間の捕逸で1点、1死2塁とし、山田
が泳がされながらも執念のタイムリーヒットを放ち同点とすると
9番大平が四球で出塁し、2死1、2塁とすると、1番代打樋口
が、走者一掃のセンターへのタイムリーツーベイスで逆転に
成功しました。なおも2番土井がライトへタイムリーツーベイス
でこの回6点の大量得点で逆転しました。
その後は、5回途中からマウンドに上がった黒木が要所を締め
る投球で逃げ切り勝利することができました。


執念の同点タイムリーを放った7番代打山田


逆転のセンターオーバーを放った1番代打樋口


今季2勝目を修めた黒木

次の試合
9月26日(土)
対 国士舘大学 一回戦
13:00 (国士舘大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎