秋季リーグ戦 対青山学院大学一回戦

こんばんは。
本日は、青山学院大学との一回戦を青山学院大学グラウンド
にて行いました。

(青山学院大学一回戦)
青学 020 100 000  3
立正 000 202 00X  4
堀(3回2/3) 山下(1回) 黒木(4回1/3)ー小畑

今季2度目の先発を任された堀は、初回は2つの三振を奪う
上々の立ち上がりを見せました。しかし、2回に2つアウトを
取ったところから4連打を浴び、この回2点を失いました。
その後の3回は三者凡退に抑え意地を見せますが、4回に
先頭打者に安打を打たれ走者を出すと、犠打で進塁を許し、
次の打者には四球を与え、続く打者をレフトフライに打ち取った
ところで山下にマウンドを託して降板しました。2死1・2塁の
ピンチを託され、これ以上、点を与えるわけにはいかない山下
でしたが、変わった直後の打者にタイムリーを放たれ1点を失い
ました。その後の投球も精彩を欠き、5回途中、2つのアウトを
取るも2つの四球で走者を許し、2死1・2塁としたところで
マウンドを降りました。3人目として登板した黒木は最初の打者
に四球を許すも、その回を無失点に抑え、その後も得点を与え
ない投球でエースとして十分な働きを見せました。
攻撃では、先に2点を先制されその後も1点を追加される苦しい
展開でしたが、4回に打線が奮起しました。まず、4番の伊藤が
死球で出塁すると、5番森口が犠打で送り1死2塁とします。次の
打者が凡退するも、尚も2死2塁のチャンスは続き、7番三好が
センターへタイムリーヒットを放ち1点を返します。そして、次の
8番小畑もレフトへのタイムリーツーベースを放ち、この回2点を
返しました。次の回は無得点に終わるも、6回に1死1塁とし、
1塁走者の伊達が盗塁を決めたところで1点目を上げた三好に
再び打席が回り、この試合2打点目となるセンターへのタイムリー
ツーベースを放ち、同点としました。その後も三好が三塁へ盗塁
を決め、チャンスの幅を広めたところで、8番小畑が相手の不意を
突いたスクイズを決め、この回勝ち越し、結果この得点が決勝点
となり勝利を修める事ができました。

null
この試合2打点を上げ、本来の調子を取り戻しつつある7番三好

null
正捕手として守備・打撃の両面で投手を盛り立てる8番小畑

次の試合
9月13日(日)
対 青山学院大学 二回戦
12:00 (立正大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎