Archive for the ‘2015年リーグ戦記事’ Category

秋季リーグ戦 対東京農業大学二回戦

火曜日, 10 月 20th, 2015

こんにちは。
一昨日は、東京農業大学との二回戦を東京農業大学グラウンドにて
行いました。

(東京農業大学二回戦)
農大  100 000 020  3
立正  000 000 200  2
高橋(7回2/3) 黒木(1回1/3)ー小畑

先発した高橋は初回に先頭打者に安打を許すと、続く打者に
犠打で送られ1死3塁のピンチを招きます。先制点を許したくはない
場面でしたが、タイムリーを放たれ早くも1点を失いました。
しかし、その後は走者を出すも打たせて捕る投球で7回まで1失点
におさえる好投を演じました。そして打線も高橋の好投を盛り立てる
かのように7回に奮起しました。先頭の8番小畑が二塁打で出塁し、
1番の新納もヒットで出塁し1死1・3塁とすると、2番河津の打席の間に
新納が盗塁をここるみその際にキャッチャーの悪送球があり、まずは
一点を返しました。そして、1死3塁となり河津がセカンドへゴロを放ち
その間に3塁走者の新納が生還し、この回2点をあげ逆転に成功しました。
しかし、その次の回ここまで相手打線をわずか1点に抑えていた高橋が
相手打線につかまり2死満塁のピンチを向かえます。なんとしても抑えたい
ところでしたが、タイムリーを放たれ2点を失いました。結果、これが決勝点
となり惜敗を喫しました。

null
エースとして奮投した高橋

null
2安打と気を吐いた1番新納

この試合で私たち4年生は引退となりました。
良い結果は残せませんでしたが、このチームで戦うことができて
本当に幸せでした。社会に出ても立正大学で培ったものを活かし
一線で活躍したいと思います。
最後になりましたが、支えて下さった方、応援して下さった方に
お礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

立正大学硬式野球部
主務 芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対東京農業大学一回戦

土曜日, 10 月 17th, 2015

こんにちは。
本日は、東京農業大学との一回戦を立正大学グランドにて行いました。

(東京農業大学一回戦)
立正  001 010 000  2
農大  000 400 00×  4
堀(3回2/3) 山下(2回) 竹内(1/3) 出羽(2回)-小畑

本日先発した堀は初回を三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せます。
しかし、4回に1死としたところで連打を許し1死1・2塁とすると、続く打者を
味方のエラーで出塁させ、1死満塁のピンチを招きます。なんとしても抑えた
い場面でしたが、四球を与えてしまい押し出して1点を奪われてしまいます。
その後も犠飛と安打を許し、この回に3点を失ったところで堀はマウンドを降り
ます。堀に代わって山下がマウンドに上がりましたが、安打を放たれ簡単に
追加点を許してしまいました。その後は山下から竹内、そして出羽の継投で
無失点に抑えるも、4回に許した失点が大きく響き惜敗を喫しました。
打撃面では、3回に先頭打者の小畑が四球で出塁すると、9番大平、1番新納
がきっちりと犠打を決め、2死3塁としたところで2番河津がライト前に適時打を
放ち先制点を上げる事に成功しました。4点を失った次の5回表にも先頭の
大平がレフト前に安打を放ち出塁すると、盗塁と1番新納の犠打で3塁まで進み
2番河津が四球を選び1死1・3塁とすると3番皆川がセンター前へ適時打を放ち
1点を返しました。しかし、その後は走者を出すもあと一歩及ばず、2-4で
負けを喫しました。

null
先制適時打を放った2番河津

null
左中間へ適時打を放った3番皆川

次の試合
10月18日(日)
対 東京農業大学 二回戦
13:00 (東京農業大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対東洋大学二回戦

日曜日, 10 月 4th, 2015

こんにちは。
本日は、東洋大学との二回戦を立正大学グラウンドにて
行いました。

(東洋大学二回戦)
立正  100 001 000  2
東洋  000 000 000  0

本日の先発投手釘宮は初回、先頭打者に四球を与え
ます。その後も制球が定まらず、立て続けに四球を与
え満塁にしたところで、マウンドを降ります。その後、
釘宮に代わり、急遽登板した高橋でしたが、最初の
打者から三振を取ると続く打者を併殺に打ち取りピンチ
を凌ぎます。その後も安定した投球で相手打者を打ち
取り、9回まで投げ3安打で見事に相手打線を封じま
した。
打撃面では、初回に先頭打者の新納がレフト前ヒットで
出塁すると、2番河津が犠打で送り、3番皆川のファー
ストゴロの間に新納が進塁し、2死3塁のチャンスを
作ります。そして、4番伊藤がレフトへヒットを放ち、
先制に成功します。6回には先頭打者の5番近藤がライト
へ本塁打を放ち追加点に成功し、2-0で勝つ事ができま
した。

null
完封勝利をあげたエース高橋

null
先制タイムリーを放った4番伊藤

null
6回にライトへ本塁打を放った5番近藤

次の試合
10月17日(土)
対 東京農業大学 一回戦
12:00 (立正大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対 東洋大学 一回戦

土曜日, 10 月 3rd, 2015

こんばんは。
本日は、東洋大学との一回戦を東洋大学グラウンドにて
行いました。
(東洋大学一回戦)
東洋 000 100 002 3
立正 000 200 11× 4
堀(5回) 黒木(4回)-小畑

先発投手堀は、3回まで要所を締める投球で相手打線を
封じていましたが、4回に先頭打者の四球と犠打でチャンス
を作られ、タイムリーを許し先制を許しました。ですが、その
裏の攻撃で、1番新納がセーフティーバントで出塁し、2番
河津が犠打で送ると、3番皆川がライトへ本塁打を放ち逆転
することができました。6回から黒木がマウンドに上がり
打たせて取る投球で8回まで相手に付け入る隙を与えません
でした。7回の攻撃では、1死から6番伊達が右中間に3塁打
を放ち続く7番代打安冨の内野ゴロの間に追加点を上げる事
ができました。8回にも9番大平が相手のミスで出塁すると
すかさず盗塁し、2つの犠打でこの回にも追加点を上げました。
最終回の守りでは、いきなり3連打を浴び、2点を失いましたが
焦ることなくその後の3人を打ち取り勝利することができました。


粘りの投球で今季1勝目を挙げた堀

null
4回に逆転のツーランホームランを放った3番皆川

次の試合
10月4日(日)
対 東洋大学 二回戦
12:00 (立正大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対国士舘大学三回戦

月曜日, 9 月 28th, 2015

こんばんは。
本日は、国士舘大学との三回戦を国士舘大学グラウンドにて
行いました。

(国士舘大学三回戦)
国士  103 330 003  13
立正  000 100 000   1

今季初先発の高橋は初回、先頭打者にヒットを放たれると
次の打者の打席の間に盗塁を決められ、無死2塁とします。
その後は進塁打を許し、1死3塁として次の打者へ四球を与え
1死1・3塁にしてしまいます。その次の打者を三振に仕留め
悪い流れを断ち切れるかにも思いましたが、続く打者に
タイムリーを許し、初回に早くも一点を失います。3回は先頭
打者そして次の打者を連続で打ち取り、調子を取り戻したかに
見えましたが、2者連続で四球を与えピンチを招くと続く打者に
レフトへ本塁打を放たれ、ここで黒木にマウンドを譲ります。
後続を託された黒木でしたが、ヒットとミスによりこの回一挙に
3点を失いました。5回にも先頭に二塁打を許すと、四球とヒット
でこの回も3点を失い、5回までで10点を奪われました。
7回からは出羽がマウンドに上がり、7回8回を抑えるも、9回に
4本のヒットなどで3点を奪われ、計13失点と投手陣が粘ること
ができませんでした。
攻撃では、ランナーを出すものの、あと1本が出ず、得点を奪う
ことができませんでした。4回に先頭打者の4番伊藤がレフトへ
本塁打を放ち、これを機に反撃したいところでしたが、相手投手
の前に得点を上げる事ができず結果、13-1という大敗を喫し
てしまいました。

null
4回にレフトへ本塁打を放った4番伊藤

次の試合
10月3日(土)
対 東洋大学 一回戦
13:00 (東洋大学グラウンド)

皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対国士舘大学二回戦

日曜日, 9 月 27th, 2015

こんばんは。
本日は、国士舘大学との二回戦を立正大学グラウンドにて
行いました。

(国士舘大学二回戦)
立正  300 021 000  6
国士  000 000 000  0
釘宮(7回) 黒木(2回)-小畑

本日の先発投手釘宮は、1回に1死としたところでヒットを
打たれ、ランナーを許すも、後続を落ち着いた投球で打ち
取り無失点で切り抜けます。その後も毎回のように走者を
許すも要所を締める投球で、7回まで無失点に抑え勝利
投手の権利を得てマウンドを降ります。8回からマウンドに
上がった黒木は2イニングを投げ、3三振を奪い走者を一人
も許さない圧巻の投球で試合を締めくくりました。

打撃陣は初回に1番新納が四球で出塁しますが、2番の
河津のバントミスで1死1塁となります。しかし、ここで3番
皆川のセンター前ヒットで1死1・3塁とすると、4番伊藤が
ショートへの強襲ヒットを放ち、1点を先制します。尚も
チャンスは続き、今季初出場の5番村上諒が左中間へ
タイムリーツーベースを放ち、初回、一挙に3点をあげ、
先制に成功します。5回にも代打の5番近藤が四球を選び
出塁すると、続く6番伊達が三遊間を抜くレフト前へのヒット
でチャンスを広げます。その後7番樋口の打席の間に出塁
していた近藤と伊達がダブルスチールを決め、1死2・3塁
とすると、7番樋口がしぶとくセンター前へ運びダメ押しと
なる2点を追加しました。6回は1番の新納がサードの
失策で出塁すると、2番河津の打席の間に盗塁し、1死
2塁としたところで、2番の河津がライトへタイムリーを放ち
相手を突き放す6点目の追加に成功しました。
その後は投手陣の踏ん張りもあり、6-0で勝利を収める
事ができました。打撃面では最終的に10安打を放ち、
昨日の雪辱をはらす事ができ良かったと思います。
そして、この結果に満足する事なく、明日もチーム一丸と
なって試合に臨みたいと思います。

null
リーグ戦初勝利を挙げた先発投手釘宮

null
今季初出場ながら値千金のタイムリーを放った5番村上諒

null
ダメ押しとなる2点タイムリーを放ち勝利を大きく引き寄せた7番樋口

次の試合
対 国士舘大学 三回戦
12:00 (国士舘大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

2015.9.26 対 国士舘大学 一回戦

土曜日, 9 月 26th, 2015

こんばんは。
本日は、国士舘大学との一回戦を国士舘グラウンド
にて行いました。
(国士舘大学一回戦)
国士 002 101 101  6
立正 001 010 000  2
堀(2回2/3) 高橋(3回1/3) 黒木(3回)-小畑

先発投手堀は、2回まで安打を浴びるも粘りの投球
で相手打線に得点を与えませんでした。しかし3回に
連打を浴び2死2・3塁にしたところで高橋にマウンド
を託します。しかし変わった直後の打者に2点タイム
リーを放たれ先制点を許しました。4回にも安打と自
らの失策で早くも3点目を失い本来の投球を魅せる
ことができませんでした。6回にも先頭打者を四球で
歩かせると続く打者に安打を浴び、犠打で送られ
犠飛で簡単に4点目を失いました。7回からは黒木
がマウンドに上がりこれ以上点を失いたくない場面
でしたが、2本の安打と捕逸で大きな1点を失い
ました。最終回には、安打は無いものの2つの失策
で1点を失いました。
攻撃面では、2点を失った直後に8番小畑が2塁打
で出塁し犠打で送り、2死3塁を作ると2番河津が
センターへの安打を放ち1点を返しました。5回には
8番小畑が、今季2本目となる本塁打を放ち2点目を
奪いました。これを皮切りに追加点を上げたいところ
でしたがその後は、相手投手の前に1安打に抑えら
れ、この試合は5安打という結果に終わりましたが、
明日も試合があるので気持ちを切り替えていきたい
と思います。

※本日は都合上写真を掲載することができません。
大変申し訳ございません。

次の試合
対 国士舘大学 二回戦
12:00 (立正大学グラウンド)
皆様の温かいご声援何卒宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対青山学院大学 三回戦

火曜日, 9 月 15th, 2015

こんにちは。
本日は青山学院大学との三回戦を青山学院大学グラウンド
にて行いました。
(青山学院大学三回戦)
青学 000 040 000  4
立正 000 016 00×  7
堀(4回2/3) 黒木(4回1/3)-小畑

一回戦と同様先発のマウンドを任された堀は、4回までは
打たせて取るピッチングで相手に付け入る隙を見せません
でした。ですが、5回に1死から3連打を浴び満塁を作られる
とレフトへの犠飛で先制されてしまいました。なおも2死1、2塁
初球の甘く入ったストレートをレフトへの本塁打にされこの回
4失点でマウンドを降りました。
4点を追う展開になり焦りを感じていましたが、その裏の攻撃
で先頭の主将伊達がレフト前ヒットで出塁するし、7番三好が
犠打で送ると、8番小畑が四球を選ぶと2死1,2塁で1番郡に
回ると初球を叩きピッチャーへの強襲ヒットからセカンドの悪
送球の間にランナーが還り、1点を返しました。6回の攻撃では
3番皆川、4番伊藤の連打と5番近藤の犠打で1死2、3塁を作る
とここで調子の良い6番伊達がライトへのタイムリーヒットを放ち
1点、。7番代打山田の打席間の捕逸で1点、1死2塁とし、山田
が泳がされながらも執念のタイムリーヒットを放ち同点とすると
9番大平が四球で出塁し、2死1、2塁とすると、1番代打樋口
が、走者一掃のセンターへのタイムリーツーベイスで逆転に
成功しました。なおも2番土井がライトへタイムリーツーベイス
でこの回6点の大量得点で逆転しました。
その後は、5回途中からマウンドに上がった黒木が要所を締め
る投球で逃げ切り勝利することができました。


執念の同点タイムリーを放った7番代打山田


逆転のセンターオーバーを放った1番代打樋口


今季2勝目を修めた黒木

次の試合
9月26日(土)
対 国士舘大学 一回戦
13:00 (国士舘大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対青山学院大学二回戦

日曜日, 9 月 13th, 2015

こんにちは。
本日は、青山学院大学との二回戦を立正大学グラウンドにて
行いました。

(青山学院大学二回戦)
立正 000 000 101  2
青学 001 000 011  3
釘宮(7回0/3) 黒木(1回1/3)-小畑

本日の試合、先発した釘宮は1回と2回を無失点に抑えるも、
3回に先頭打者にヒットを許してしまい、そこから自らの
フィールダ―スチョイスと犠打で送られ1死2・3塁のピンチを
作ってしまいます。先制点を与えるわけにはいかないところ
でしたが、続く打者にタイムリーを打たれこの回1点を失って
しまいました。その後は打たせて取る投球で7回までヒット1本
に抑える好投を演じましたが、8回に先頭打者に右中間に
ツーベースヒットを打たれると、次の打者に四球を与えた
ところで黒木に後続を託し、マウンドを降りました。
無死1・2塁の場面から登板し、追加点を防ぎたい黒木でしたが
最初の打者に犠打で送られ1死2・3塁にすると、センターへの
犠牲フライで1点を失ってしまいました。その後、打撃陣の粘りで
同点として迎えた最終回、この回を抑えて延長へと持ち込みたい
ところでしたが、先頭打者に安打を打たれると、次の打者に
進塁打を決められ、続く打者に2連打を放たれサヨナラ負けと
なりました。
打撃陣は4回まで無安打に抑えられ、我慢を強いられる場面が
続きました。しかし、7回に先頭の5番近藤が四球を選び塁に
出ると、走塁の名手吉田悠を代走に送ります。そして、6番伊達
の打席の間に初球から盗塁を決めると、その際の捕手の送球
が逸れたのを確認し、一気に3塁まで進みます。このチャンスに
粘り強い打撃をする主将6番伊達が左中間へツーベースヒット
を放ち同点にしました。その後、再び勝ち越しを許し、点が
取れなければ負けとなる9回、先頭打者6番伊達がレフト前へ
運び出塁すると、前の回から守備に就いている7番樋口が
犠打で送り、8番小畑のライト前ヒットで1死1・3塁とします。
ここでシュアな打撃が売りの9番大平がライト前へ落とし、
同点に追いつきました。しかし、その後は追加点を奪う事が
出来ず、惜敗を喫しました。

null
勝負強い打撃でチームを牽引する主将の6番伊達

null
9番遊撃手のポジションを不動のものにしつつある9番大平

次の試合
9月14日(月)
対 青山学院大学 三回戦
13:00 (青山学院大学)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対青山学院大学一回戦

土曜日, 9 月 12th, 2015

こんばんは。
本日は、青山学院大学との一回戦を青山学院大学グラウンド
にて行いました。

(青山学院大学一回戦)
青学 020 100 000  3
立正 000 202 00X  4
堀(3回2/3) 山下(1回) 黒木(4回1/3)ー小畑

今季2度目の先発を任された堀は、初回は2つの三振を奪う
上々の立ち上がりを見せました。しかし、2回に2つアウトを
取ったところから4連打を浴び、この回2点を失いました。
その後の3回は三者凡退に抑え意地を見せますが、4回に
先頭打者に安打を打たれ走者を出すと、犠打で進塁を許し、
次の打者には四球を与え、続く打者をレフトフライに打ち取った
ところで山下にマウンドを託して降板しました。2死1・2塁の
ピンチを託され、これ以上、点を与えるわけにはいかない山下
でしたが、変わった直後の打者にタイムリーを放たれ1点を失い
ました。その後の投球も精彩を欠き、5回途中、2つのアウトを
取るも2つの四球で走者を許し、2死1・2塁としたところで
マウンドを降りました。3人目として登板した黒木は最初の打者
に四球を許すも、その回を無失点に抑え、その後も得点を与え
ない投球でエースとして十分な働きを見せました。
攻撃では、先に2点を先制されその後も1点を追加される苦しい
展開でしたが、4回に打線が奮起しました。まず、4番の伊藤が
死球で出塁すると、5番森口が犠打で送り1死2塁とします。次の
打者が凡退するも、尚も2死2塁のチャンスは続き、7番三好が
センターへタイムリーヒットを放ち1点を返します。そして、次の
8番小畑もレフトへのタイムリーツーベースを放ち、この回2点を
返しました。次の回は無得点に終わるも、6回に1死1塁とし、
1塁走者の伊達が盗塁を決めたところで1点目を上げた三好に
再び打席が回り、この試合2打点目となるセンターへのタイムリー
ツーベースを放ち、同点としました。その後も三好が三塁へ盗塁
を決め、チャンスの幅を広めたところで、8番小畑が相手の不意を
突いたスクイズを決め、この回勝ち越し、結果この得点が決勝点
となり勝利を修める事ができました。

null
この試合2打点を上げ、本来の調子を取り戻しつつある7番三好

null
正捕手として守備・打撃の両面で投手を盛り立てる8番小畑

次の試合
9月13日(日)
対 青山学院大学 二回戦
12:00 (立正大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎