Archive for the ‘無分類’ Category

平成31年度春季リーグ戦 対 亜細亜大学 2回戦

土曜日, 4 月 20th, 2019

(亜細亜大学2回戦)
亜細亜 010 200 000 3
立 正 000 200 000 2

糸川 倉田ー立松(由)

【2回表】亜細亜大学の攻撃は、4番野中のレフトへのソロホームランで1点。1対0。

【4回表】亜細亜大学の攻撃は、3番山本(卓)がライトへのヒットで出塁、4番野中の打席間の暴投と、野中のフライで進塁し、2死3塁とすると、5番虎谷のレフトへの2ランホームランで2点を追加される。3対0。

【4回裏】立正大学の攻撃は、6番神保がライトへのヒットで出塁、1・2塁間の挟殺の間にキャッチャーの送球エラーで進塁し、7番木村が四球で出塁し、1死1・3塁とすると、8番立松(由)のセカンドへのタイムリーヒットで1点。9番米田(虎)のゴロでランナーが入れ替わり、2死1・2塁とすると、1番根本のレフトへのタイムリーヒットで1点。この回2点を返す。3対2。

【9回裏】立正大学の攻撃は、3人で攻撃終了。

2カードを落とすことにはなりましたが、気持ちを切り替えて次戦の中央戦に向け挑んで参ります。
引き続き温かいご声援よろしくお願いいたします。

null
この試合4安打を放った 根本 郁也 選手(主将)

null
6回から好リリーフした 倉田 希 投手(3年生)

平成31年度春季リーグ戦 対 亜細亜大学 1回戦

水曜日, 4 月 17th, 2019

(亜細亜大学1回戦)
立 正 000 100 000 1
亜細亜 000 050 02☓ 7

倉田 糸川 田中(裕)山本 赤川ー立松(由)

【4回表】立正大学は、3番平田がレフトへの2ベースヒットで出塁し、1死2塁とすると、5番荒原の打球をサードが捕球エラーし1点先制する。1対0

【5回裏】亜細亜大学の攻撃は、6番虎谷が四球、7番矢野が死球で出塁し、8番佐久本が犠打で送り、1死2・3塁とすると、9番代打岩本の打球をファーストが送球エラーし2点。1番比嘉が四球で出塁し、1死1・2塁とすると、2番田中(幹)のレフトへのタイムリー2ベースヒットで2点。4番野中のセンターへのタイムリー2ベースヒットで1点。この回5点を勝ち越しを許す。5対1

【8回裏】亜細亜大学の攻撃は、5番代打丸山がセカンドへのヒット、6番虎谷がショートへのヒット、8番佐久本がピッチャーへのヒットで出塁し、1死満塁とすると、9番代打黒川のレフトへのタイムリーヒットで1点。2番田中(幹)のレフトへのタイムリーヒットで1点。この回2点を追加され7対1とリードを広げられる。

【9回表】立正大学の攻撃は、ランナーを出すも得点に結び付けず試合終了。

初戦を落としましたが、気持ちを切り替えて次戦金曜日の試合までに万全な状態で望みたいと思います。
引き続き温かいご声援よろしくお願いいたします。

null
二塁打を放つ 佐々木 勝哉 選手

平成31年度春季リーグ戦 対 國學院大學 2回戦

水曜日, 4 月 17th, 2019

(國學院大學2回戦)
國學院 003 000 001 4
立 正 100 010 000 2

田中(裕) 倉田ー立松(由)

【1回裏】立正大学は、國學院大學の先発吉村投手から、1番神保がライトへのヒット、3番平田が四球で出塁し、2死1・2塁とすると、5番荒原の打席間の暴投とキャッチャーのセカンドへの送球エラーで1点を先制する。1対0。

【3回表】國學院大學は、リーグ戦初登板の田中(裕)を攻めて、9番山崎(晃)がセンターへのヒット、1番貞光が四球で出塁し、1死1・2塁とすると、2番小川(龍)のレフトへのタイムリー3ベースヒットで2点。3番川村の打席間の暴投で1点。この回3点を勝ち越されて3対1。

【5回裏】立正大学は、8番立松(由)が四球で出塁、9番倉島が犠打で送り、1番神保がライトへのヒットで出塁し、1死1・3塁とすると、2番根本のショートへのタイムリーヒットで1点を返し3対2と点差を1点差へと縮める。

【9回表】國學院大學は、4番鎌仲のセンターへのソロホームランで1点。4対2。

【9回裏】立正大学の攻撃は、三者凡退となりそのまま試合終了。

開幕カードを落とすことにはなりましたが、気持ちを切り替えて次戦の亜細亜戦に向け挑んで参ります。
引き続き温かいご声援よろしくお願いいたします。

null
先発 2年生 田中 裕人(取手第一高校出身)

平成31年度春季リーグ戦 対 國學院大學 1回戦

水曜日, 4 月 17th, 2019

(國學院大學1回戦)   
立 正 000 100 002 3
國學院 020 120 00☓ 5

糸川 福島 徳重 赤川ー立松(由)

2回裏】國學院大學5番瀬戸がライトへのヒット、8番山崎(晃)が四球で出塁し、2死1・2塁とすると、9番平古場のレフトへのタイムリー2ベースヒットで2点を先制される。2対0
【4回表】立正大学2番根本がセカンドへのヒット、3番平田が四球、4番佐々木(勝)がピッチャーの捕球エラーで出塁し、2死満塁とすると、7番神保が四球で押し出し1点を返し2対1。

【4回裏】國學院大學6番伊藤がレフトへの2ベースヒットで出塁、7番内藤のゴロで進塁、9番平古場が四球で出塁し、2死1・3塁とすると、1番貞光のファーストへのタイムリーヒットで1点。3対1

【5回裏】國學院大學5番瀬戸が四球で出塁、6番伊藤の打席間に盗塁し、2死2塁とすると、伊藤のレフトへの2ランホームランで2点。5対1

【9回表】立正大学6番立松(由)がショートへのゴロ、7番神保がライトへのヒットで出塁、8番米田(虎)が振り逃げで出塁し、2死満塁とすると、9番代打桂川のレフトへのタイムリーヒットで2点。粘りをみせるもそのまま試合終了 5対3。

開幕戦を取ることはできませんでしたが、気持ちをを切り替えて次戦の試合に臨んで参ります。
引き続き温かいご声援よろしくおねがいいたします。

null

平成31年度春季キャンプ終了

金曜日, 3 月 8th, 2019

平成31年度は春季キャンプは、皆様のご支援・ご協力を頂き無事に終了することができました。

このキャンプ期間中に、個人、チームとしてより一層成長してたくましくなったのではないかと思います。
これから迎える春季リーグ戦に向けて、さらにレベルアップを図り精進して参りますので、今後とも皆様のご支援・ご協力の程
よろしくお願いいたします。

平成31年度春季キャンプ開始

水曜日, 2 月 13th, 2019

平成31年度2月12日より香川県高松市にて、春季キャンプを開始しました。

春季リーグ戦にむけて、より一層日々練習に励み精進して参りますので、引き続き皆様のご指導、ご声援の程宜しくお願い致します。

少年・少女野球教室

月曜日, 1 月 21st, 2019

本日は熊谷市内の少年野球チームを対象とした本学野球部による野球教室を熊谷キャンパス野球場にて、開催致しました。
たくさんの子供達や保護者の方々に参加して頂くことができました。
グランド全面を使い基本的な練習を行いながら、それぞれのポジションごとに本学野球部員がアドバイスを送っていました。
部員達も改めて野球を楽しむことの大切さを再認識することが出来たのではないかと思います。

今回の野球教室で、子供たちがより野球に関心を持って頂ければ幸いです。
本日はお忙し中、たくさんのご参加ありがとうございました。

null
小学生と交流している様子

2019年度全体練習開始

木曜日, 1 月 17th, 2019

2019年1月12日より立正大学硬式野球部の
全体練習が始まりました。

2年連続の日本一という目標を掲げ、今年度も「守り勝つ野球」をモットーに
日々精進して参ります。

今年度も温かいご支援、ご声援よろしくお願いいたします。

null
守備練習の様子

東都大学秋季リーグ戦優勝及び明治神宮大会優勝祝賀会

月曜日, 12 月 24th, 2018

平成30年12月19日に東都大学秋季リーグ戦一部優勝・明治維新百五十周年記念第四十九回明治神宮大会野球大会の優勝祝賀会が、グランドプリンスホテル新高輪にて行われました。

会場には、多くの御来賓の方に参列いただき、誠にありがとうございました。
日本一という成績を修めることができましたのも、皆様のご支援・ご声援の賜物だと思います。

本学の更なる発展に向け日々精進して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

null
優勝祝賀会の様子

第49回明治神宮野球大会 対 環太平洋大学 優勝決定戦

木曜日, 11 月 15th, 2018

平成30年11月14日に明治神宮野球大会決勝 対 環太平洋大学が行われました。
先発、釘宮が5回まで相手打線を1失点に抑える投球を見せるも、6回にヒットとエラーが重なり
一挙に3点を失ってしまう。1点を返し迎えた8回、先頭1番平田が2ベースヒットで出塁し
1死3塁で3番小郷がタイムリーヒットを放ち3-4と1点差まで追い上げた。
その後、1死1塁から4番伊藤(裕)が特大ホームランを放ちついに5-4と逆転に成功する。
7番米田の犠飛も有り1点を追加し6-4とした。
最終回は糸川が0点で抑え、9年ぶり2回目の「日本一」を成し遂げた。
本日まで応援してくださった皆様、誠にありがとうござました。
引き続き、立正大学硬式野球部へのご支援、ご声援宜しくお願い致します。

対 環太平洋大学
 
立 正  001 000 140=6
I P U   010 003 000=4

立)釘宮 渡部 糸川ー木下
環)岩永 佐々木 屋良 仲尾 西山 大原ー志賀

null
「日本一」を達成した瞬間の様子

null
坂田 精二郎 監督 胴上げの様子