令和元年 秋季リーグ戦 対 東洋大学 3回戦

(東洋大学3回戦)

東 洋 010 000 000 3 6
立 正 000 001 002 0 3 

倉田 山本 糸川 竹井ー立松(由)

【2回表】東洋大学の攻撃は、5番山崎がレフトへの2ベースヒットで出塁し、2死2塁とすると、8番小林(直)のレフトへのタイムリーヒットで1点。1対0.

【6回裏】立正大学の攻撃は、2番根本が四球で出塁、3番平田が犠打で送り、6番佐々木(勝)の打席間の暴投で進塁し、2死1・3塁とすると、佐々木(勝)のレフトへのタイムリーヒットで1点。1対1。

【7回表】東洋大学の攻撃は、2番小峰が四球で出塁、3番小川が犠打で送り、1死2塁とすると、4番佐藤(都)のセンターへのタイムリーヒットで1点。5番山崎が犠打で送り、2死2塁とすると、6番諏訪のレフトへのタイムリーヒットで1点。この回2点。3対1。

【9回裏】立正大学の攻撃は、6番佐々木(勝)のレフトへのソロホームランで1点。7番代打小林(俊)の右中間への2ベースヒットで出塁し、2死2塁とすると、9番奈良間のレフトへのタイムリー2ベースヒットで1点。この回2点。3対3.

【10回表】東洋大学の攻撃は、無死1・2塁から、5番山崎が犠打で送り、1死2・3塁とすると、6番諏訪のライトへのタイムリー3ベースヒットで2点。7番納のレフトへの犠飛で1点。この回3点。6対3。

[連盟規定により10回からタイブレーク]

開幕カードを取ることは出来ませんでしたが、気持ちを切り替えて
次戦の國學院戦に挑んで参ります。
引き続き温かいご声援よろしくお願いいたします。

null
同点タイムリーを放った 奈良間 大己 選手 1年生 常葉大菊川高校出身

Comments are closed.