令和元年 春季リーグ戦 対 中央大学 2回戦

(中央大学2回戦)
中 央 000 260 020 10
立 正 400 206 00☓ 12

糸川 山本 倉田ー立松(由)

【1回表】立正大学の攻撃は、1番神保がライトへのヒットで出塁、2番根本が犠打で送り、1死2塁とすると、3番小林(俊)のセンターへのタイムリーヒットで1点。4番平田がレフトへのヒット、5番荒原が死球で出塁し、1死満塁とすると、6番佐々木(勝)のレフトへのタイムリー2ベースヒットで2点。7番木村が四球で出塁し、1死満塁とすると、8番立松(由)のセンターへの犠飛で1点。この回4点を先制し4対0。

【4回裏】中央大学の攻撃は、2番五十幡がファーストへのヒット、3番森下が四球で出塁、4番牧が犠打で送り、1死2・3塁とすると、5番倉石のセカンドへのゴロで1点。6番古賀のライトへのタイムリー3ベースヒットで1点。この回2点を返され4対2。

【4回裏】立正大学の攻撃は、7番木村がライトへのヒット、8番立松(由)のゴロで進塁、9番奈良間がライトへのヒットで出塁し、1死1・3塁とすると、1番神保のセンターへのタイムリーヒットで1点。2番根本がレフトへのヒットで出塁し、1死満塁とすると、3番小林(俊)の打席間の暴投で1点。この回2点を追加し6対2。

【5回表】中央大学の攻撃は、8番石田(瑛)が四球、9番中川がピッチャーへのヒット、1番内山がレフトへのヒットで出塁し、無死満塁とすると、2番五十幡のセンターへのタイムリーヒットで1点。4番牧のレフトへのタイムリーヒットで1点。5番倉石のショートへのゴロと送球間で2点。6番古賀が四球、7番大工原が死球で出塁し、2死満塁とすると、8番石田(瑛)のレフトへのタイムリーヒットで2点。この回6点を許し8対6と逆転を許す。

【6回裏】立正大学の攻撃は、2番根本がセンターへのヒット、4番平田が四球で出塁し、1死1・2塁とすると、5番荒原のライトへのタイムリーヒットで1点。6番佐々木(勝)のレフトへのタイムリーヒットで1点。7番木村が死球で出塁し、1死満塁とすると、8番立松(由)のライトへの満塁ホームランで4点。この回6点を奪い12対8再びリードを奪う。

【8回表】9番代打北村が死球で出塁、1番内山のゴロでランナーが入れ替わり、2番五十幡が四球で出塁し、2死1・2塁とすると、4番牧のセンターへのタイムリー2ベースヒットで2点を返され12対10。

【9回表】中央大学の攻撃は、得点を奪うことができずそのまま試合終了。

今季リーグ戦初勝利を飾ることができました。
勢いそのままに来週から行われる東洋戦も挑んで参りたいと思います。
引き続き温かいご声援よろしくお願いいたします。

null
満塁本塁打を放った 立松 由宇 選手

Comments are closed.