2017.5.9 対 駒澤大学 二回戦

こんばんは。
本日は駒澤大学との二回戦を大田スタジアムにて行いました。

(駒澤大学二回戦)
駒澤  010 000 003  4
立正  010 310 20✕  7
釘宮(8回)須佐見(1回)-小畑

先発の釘宮は調子のあがらない中、粘りの投球で相手打線を封じました。2回にヒットとエラーが絡み1点を失い、尚も2死1塁3塁の厳しい場面がありましたが、捕手の小畑などの好プレーもあり、それ以上の失点を許しませんでした。しかし、6点リードして迎えた最終回に死球とヒットで無死1塁2塁のピンチを招きます。そして相手打線の4番にスリーランホームランを浴びました。粘投してきた釘宮でしたが、相手もそう甘くはありませんでした。次の打者にもヒットを許したところで、釘宮に変わり、須佐見が登板しました。そして、これ以上の失点を許したくない場面、須佐見が期待に応え三者凡退に仕留めて勝利を飾る事が出来ました。
打撃では、先制を許した2回の裏に1死満塁のチャンスを作り、8番大友が犠牲フライを放ち、同点とします。4回には先頭の4番伊藤裕がライト前ヒットで出塁すると、5番木下が犠打で送り、6番小畑のセンター前ヒットで1死1塁3塁となります。そして小畑が盗塁をきめ、その後相手のパスボールの間に伊藤裕が生還し、勝ち越しに成功します。これを口火に9番大平の左越タイムリーツーベースなどもあり、この回3点の追加しました。5回は押し出しで1点を加え、7回には4番伊藤裕のタイムリーツーベース6番小畑の意表を突くスクイズなどで2点を追加し、この試合では計7点を奪い、勝利を収めることができました。

null
2打点をあげチームを勢い付けた4年生・大平

null
チャンスにも強くチャンスメイクも出来る頼れる4番3年生・伊藤裕

null
最後の回を3人で仕留め、好救援した4年生・須佐見

次の試合

5月22日(月)
対 国士舘大学 一回戦
試合開始予定 12:00~ (上尾市民球場)

これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

Comments are closed.