Archive for 10 月, 2015

東京大学浜田一志監督による講演会

土曜日, 10 月 31st, 2015

こんばんは。
新チームが始動し2週間が経ち、来季の「二部優勝・一部昇格」を目指し日々精進しております。

本日は、東京大学硬式野球部・浜田一志監督による講演会が
熊谷キャンパス内にて行われました。
「スポーツの可能性」という議題を中心に行われ、約200名の参加がありました。

講演会の中でとても印象に残ったものは浜田監督がキャプテン像の
お話しをされた際に「For The Team」という言葉をおっしゃっていました。
チームの為に尽くすことがキャプテンにとってもっとも大事な事であり、
その気持ちがあればキャプテンは務まる。
この言葉は、私たち部員にとても響くものがあり考えるものがありました。
一人一人がこの気持ちを持ち、日々生活することでチーム向上のカギになるものだと思いました。
今回の講演会で様々なお話しを聞くことができ、とても貴重な時間となりました。
この時間を無駄にすることなく、チームの為に自分に今何ができるかを
考え取り組んでいきたいと思います。

最後に、今回の講演会開催にあたり尽力してくださった
立正大学法学部及び法制研究所の方々に感謝を述べると共に
東京大学硬式野球部・浜田一志監督はじめ部員の方々に
御礼を申し上げたいと思います。
本日はありがとうございました。

null
東京大学硬式野球部・浜田一志監督

null
講演会に来てくださった多くの方々

立正大学硬式野球部
マネージャー
山本 航大

秋季リーグ戦 対東京農業大学二回戦

火曜日, 10 月 20th, 2015

こんにちは。
一昨日は、東京農業大学との二回戦を東京農業大学グラウンドにて
行いました。

(東京農業大学二回戦)
農大  100 000 020  3
立正  000 000 200  2
高橋(7回2/3) 黒木(1回1/3)ー小畑

先発した高橋は初回に先頭打者に安打を許すと、続く打者に
犠打で送られ1死3塁のピンチを招きます。先制点を許したくはない
場面でしたが、タイムリーを放たれ早くも1点を失いました。
しかし、その後は走者を出すも打たせて捕る投球で7回まで1失点
におさえる好投を演じました。そして打線も高橋の好投を盛り立てる
かのように7回に奮起しました。先頭の8番小畑が二塁打で出塁し、
1番の新納もヒットで出塁し1死1・3塁とすると、2番河津の打席の間に
新納が盗塁をここるみその際にキャッチャーの悪送球があり、まずは
一点を返しました。そして、1死3塁となり河津がセカンドへゴロを放ち
その間に3塁走者の新納が生還し、この回2点をあげ逆転に成功しました。
しかし、その次の回ここまで相手打線をわずか1点に抑えていた高橋が
相手打線につかまり2死満塁のピンチを向かえます。なんとしても抑えたい
ところでしたが、タイムリーを放たれ2点を失いました。結果、これが決勝点
となり惜敗を喫しました。

null
エースとして奮投した高橋

null
2安打と気を吐いた1番新納

この試合で私たち4年生は引退となりました。
良い結果は残せませんでしたが、このチームで戦うことができて
本当に幸せでした。社会に出ても立正大学で培ったものを活かし
一線で活躍したいと思います。
最後になりましたが、支えて下さった方、応援して下さった方に
お礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

立正大学硬式野球部
主務 芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対東京農業大学一回戦

土曜日, 10 月 17th, 2015

こんにちは。
本日は、東京農業大学との一回戦を立正大学グランドにて行いました。

(東京農業大学一回戦)
立正  001 010 000  2
農大  000 400 00×  4
堀(3回2/3) 山下(2回) 竹内(1/3) 出羽(2回)-小畑

本日先発した堀は初回を三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せます。
しかし、4回に1死としたところで連打を許し1死1・2塁とすると、続く打者を
味方のエラーで出塁させ、1死満塁のピンチを招きます。なんとしても抑えた
い場面でしたが、四球を与えてしまい押し出して1点を奪われてしまいます。
その後も犠飛と安打を許し、この回に3点を失ったところで堀はマウンドを降り
ます。堀に代わって山下がマウンドに上がりましたが、安打を放たれ簡単に
追加点を許してしまいました。その後は山下から竹内、そして出羽の継投で
無失点に抑えるも、4回に許した失点が大きく響き惜敗を喫しました。
打撃面では、3回に先頭打者の小畑が四球で出塁すると、9番大平、1番新納
がきっちりと犠打を決め、2死3塁としたところで2番河津がライト前に適時打を
放ち先制点を上げる事に成功しました。4点を失った次の5回表にも先頭の
大平がレフト前に安打を放ち出塁すると、盗塁と1番新納の犠打で3塁まで進み
2番河津が四球を選び1死1・3塁とすると3番皆川がセンター前へ適時打を放ち
1点を返しました。しかし、その後は走者を出すもあと一歩及ばず、2-4で
負けを喫しました。

null
先制適時打を放った2番河津

null
左中間へ適時打を放った3番皆川

次の試合
10月18日(日)
対 東京農業大学 二回戦
13:00 (東京農業大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対東洋大学二回戦

日曜日, 10 月 4th, 2015

こんにちは。
本日は、東洋大学との二回戦を立正大学グラウンドにて
行いました。

(東洋大学二回戦)
立正  100 001 000  2
東洋  000 000 000  0

本日の先発投手釘宮は初回、先頭打者に四球を与え
ます。その後も制球が定まらず、立て続けに四球を与
え満塁にしたところで、マウンドを降ります。その後、
釘宮に代わり、急遽登板した高橋でしたが、最初の
打者から三振を取ると続く打者を併殺に打ち取りピンチ
を凌ぎます。その後も安定した投球で相手打者を打ち
取り、9回まで投げ3安打で見事に相手打線を封じま
した。
打撃面では、初回に先頭打者の新納がレフト前ヒットで
出塁すると、2番河津が犠打で送り、3番皆川のファー
ストゴロの間に新納が進塁し、2死3塁のチャンスを
作ります。そして、4番伊藤がレフトへヒットを放ち、
先制に成功します。6回には先頭打者の5番近藤がライト
へ本塁打を放ち追加点に成功し、2-0で勝つ事ができま
した。

null
完封勝利をあげたエース高橋

null
先制タイムリーを放った4番伊藤

null
6回にライトへ本塁打を放った5番近藤

次の試合
10月17日(土)
対 東京農業大学 一回戦
12:00 (立正大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎

秋季リーグ戦 対 東洋大学 一回戦

土曜日, 10 月 3rd, 2015

こんばんは。
本日は、東洋大学との一回戦を東洋大学グラウンドにて
行いました。
(東洋大学一回戦)
東洋 000 100 002 3
立正 000 200 11× 4
堀(5回) 黒木(4回)-小畑

先発投手堀は、3回まで要所を締める投球で相手打線を
封じていましたが、4回に先頭打者の四球と犠打でチャンス
を作られ、タイムリーを許し先制を許しました。ですが、その
裏の攻撃で、1番新納がセーフティーバントで出塁し、2番
河津が犠打で送ると、3番皆川がライトへ本塁打を放ち逆転
することができました。6回から黒木がマウンドに上がり
打たせて取る投球で8回まで相手に付け入る隙を与えません
でした。7回の攻撃では、1死から6番伊達が右中間に3塁打
を放ち続く7番代打安冨の内野ゴロの間に追加点を上げる事
ができました。8回にも9番大平が相手のミスで出塁すると
すかさず盗塁し、2つの犠打でこの回にも追加点を上げました。
最終回の守りでは、いきなり3連打を浴び、2点を失いましたが
焦ることなくその後の3人を打ち取り勝利することができました。


粘りの投球で今季1勝目を挙げた堀

null
4回に逆転のツーランホームランを放った3番皆川

次の試合
10月4日(日)
対 東洋大学 二回戦
12:00 (立正大学グラウンド)
皆様の温かいご声援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
芝 慎太郎