Archive for 10 月, 2014

10月19日 対 日本大学 二回戦

日曜日, 10 月 19th, 2014

こんにちは。
本日は、日本大学との二回戦を日本大学Gで行いました。

(日本大学二回戦)
日 000 000 000 01 1
立 000 000 000 00 0

黒木(11回)-須田

開幕カード以来の先発投手となった2年生黒木は、負ければ最終戦となる大一番で堂々たる投球を見せました。相手投手のドラフト候補左腕と互角に投げ合い、1点を争う投手戦のなかで、迫力あるストレートと変化球を巧みに操り、9回まで3安打に抑える好投を続けました。延長11回に安打とエラーが絡み点を与えてしまいましたが、最後まで一人で投げ抜き、150球を投じる力投を見せました。
援護したい打線でしたが、安打数で相手を上回るも好機に得点することができませんでした。しかし、終盤の攻撃は立正野球が理想とする展開をつくることができ、最後まで諦めることなく貫くことができました。このような試合をものにできなかったのは、まだまだ私たちの野球に甘さがあったということなのかもしれません。残る後輩たちは、リーグ戦で勝つことの厳しさをこの試合で十分に感じたと思うので、今後の教訓としてまた一から頑張ってほしいと思います。

本日の試合をもちまして、4年生は引退を迎えます。同時に、私が書く最後の日記となります。
楽しいことも、辛いこともありましたが、4年生23人で支えあいながらここまで続けてくることできました。最後のリーグ戦を最高のかたちで終わることができず、悔しい気持ちもありますが達成感も感じております。
これまで支えて下さった野球関係者の皆様に感謝し、これからは私たちが恩返しをしていきます。立正大学硬式野球部の名に恥じない生き方をし、社会に貢献していきたいと思います。今まで本当にありがとうございました。


11イニングを投げ抜いた2年生黒木


一年間チームを引っ張った主将板倉


全試合ホームを守り続けた副主将須田


攻撃の中心として飛躍した副主将本間

主務 石田 真之

10月18日 対 日本大学 一回戦

土曜日, 10 月 18th, 2014

こんにちは。
本日は、日本大学との一回戦を立正大学Gで行いました。

(日本大学一回戦)
立 010 000 001 2
日 000 010 03× 4

沼田(8回)-須田

東洋大学戦から5試合連続して先発投手を務めた沼田は、7回まで本塁打の1点に抑える好投を見せました。粘りの投球が続くなか迎えた8回。4本の長短打とエラーが絡み一挙3点を失いましたが、途中、体に打球が直撃するというアクシデントもありながら、根気強く投げぬいた姿にエースの意地を感じました。
沼田が好投を続けるなか、打線は好機を何度も迎えるも、5番三好が放った本塁打の1点のみに抑えられ、追加点を奪うことができませんでした。先週の東洋大学戦でも課題として挙げられた得点力という部分で、本日の試合も苦しみ、流れを引き寄せることができませんでした。
ホームでの最終戦ということもあり、多くの方が応援に駆け付けてくださいましたが、勝利を飾ることができず、悔しい思いでいっぱいです。優勝の可能性が絶望となり、4年生におきましては明日が最後の試合となるかもしれません。このまま負けて終わる訳にはいかないので、私たちの集大成として連勝し良いかたちで後輩に繋ぎたいと思います。
明日も温かいご声援宜しくお願い致します。


今季2号となるソロ本塁打を放った5番三好

明日の試合
対 日本大学 二回戦
13:00 (日本大学G)

主務 石田 真之

10月12日 対 東洋大学 三回戦

日曜日, 10 月 12th, 2014

こんばんは。
本日は、東洋大学との三回戦を立正大学Gで行いました。

(東洋大学三回戦)
立 000 000 000 0
東 100 100 00× 2

沼田(5回)黒木(2回)出羽(1回)-須田

両チーム、昨日の試合と同じ投手の投げ合いとなった3回戦。
先発沼田は、初回に本塁打を浴び、またしても1点を追う展開となりました。2、3回と本来の投球を見せ、三者凡退に打ち取りましたが、4回に四球と安打が絡み、痛い2点目を失いました。
攻撃陣は、同じ投手相手に1安打と沈黙し、好機をつくることができませんでした。流れを変えようと、黒木、出羽を投入しましたが、味方が援護できず、2試合連続となる完封負けを喫してしまいました。
本日の敗北で、優勝争いから一歩後退するかたちとなりましたが、最後まで諦めることなく、次週の日本大学戦は必ず勝ち点を取りたいと思います。今後も温かいご声援宜しくお願い致します。


三回戦も先発を任されたエース沼田


リリーフ登板で好投が光る右腕黒木

次回の試合
10月18日(土)
対 日本大学 一回戦
12:00 (立正大学G)

主務 石田 真之

10月11日 対 東洋大学 二回戦

土曜日, 10 月 11th, 2014

こんばんは。
本日は、東洋大学との二回戦を東洋大学Gで行いました。

(東洋大学二回戦)
東 000 010 000 1
立 000 000 000 0

沼田(5回)黒木(4回)-須田

先発沼田は、5回まで毎回ランナーを背負う苦しい投球が続きましたが、要所を締める粘りの投球を見せました。5回でマウンドを降りましたが、本塁打による失点のみに抑え、味方の援護を待ちました。しかし、打線は相手投手に中盤まで2安打に抑えられ、1点が遠いゲーム展開となってしまいました。終盤、粘りに粘って何とかチャンスを作るも得点できず、5安打、完封負けを喫しました。
本日、首位を走る専修大学が日本大学に連勝し勝ち点を奪いました。これ以上差をつけられる訳にはいかないので、明日は絶対に負けられません。勝ち点「3」で最終週まで食らい付き、優勝に向けて望みを繋ぎたいと思います。選手とスタンドが一体となり、私たちがやってきた立正野球をすべて出し切れるように全力で戦います。温かいご声援宜しくお願い致します。


今季初スタメンで気迫あるプレーを見せた4年生金子


打撃でチームを引っ張る3番本間

明日の試合
対 東洋大学 三回戦
12:00 (立正大学G)

主務 石田 真之

10月4日 対 東洋大学 一回戦

土曜日, 10 月 4th, 2014

こんばんは。
本日は、東洋大学との一回戦を立正大学Gで行いました。
優勝の可能性がある両チームの直接対決ということで、白熱した試合となりました。

(東洋大学一回戦)
立 000 510 000 6
東 100 000 000 1

沼田(6回)出羽(2回2/3)黒木(1/3)-須田

今季4試合目の先発となった沼田は、初回に本塁打を許し先制点を奪われました。2回以降も、毎回ランナーを背負う投球となりましたが、しっかりと要所を締め、6回を投げ被安打5、1失点という内容で、2番手出羽に繋ぎました。出羽は、開幕カードの専修大学戦以来のマウンドとなり、少し間隔があきましたが、見事な調整力で次に繋がる投球を見せました。
打線は、4回に4連打を含む7安打の猛攻で、一挙5点を奪い逆転に成功しました。なかでも、今季初スタメンとなった6番伊藤(2年)が先制点となる3塁打を放つなど、2安打の活躍を見せ、監督の起用に十分に応えました。また、4番高橋が3安打、8番須田が2安打と切れ目のない打線を見せつけました。10安打、6得点と今季最多得点で快勝することができ、沼田は今季4勝目を挙げました。
本日の試合は意味のある勝利ですが、明日の試合が非常に重要となってきます。必ず連勝し、首位を走る専修大学にくらいついていきたいと思います。今後とも、更なる応援を宜しくお願い致します。


今季4勝目を挙げたエース沼田


先制点を叩き出した2年生伊藤


2試合連続2安打と好調をキープする8番須田


膝を地面に付けながらもスクイズを決めた主将板倉

明日の試合
対 東洋大学 二回戦
13:00 (東洋大学G)

主務 石田 真之