Archive for 9 月, 2014

9月29日 対 東京農業大学 三回戦

月曜日, 9 月 29th, 2014

こんにちは。
本日は、東京農業大学との三回戦を神宮球場で行いました。

(東京農業大学三回戦)
立 000 200 010 3
東 000 000 001 1

沼田(9回)-須田

先発沼田は、一回戦同様に変化球を巧みに操り、5回まで1安打に抑える完璧な投球を見せました。6回以降、安打を許すも要所をしっかりと締める粘りの投球で、5安打、無四球、1失点と素晴らしい内容で、エース対決を完投勝利で収めました。絶対に負けられない一戦で、エース沼田が気迫の投球を見せ、攻撃にも勢いをもたらしました。
一、二回とチャンスをつくるものの得点できず、先制点がほしい場面で迎えた4回表の攻撃。先頭の5番三好が右二塁打で出塁し、6番近藤が犠打で送り、迎えるは頼れる主将板倉。絶好の場面で、鮮やかな右犠飛打を放ち待望の先制点を奪いました。その勢いから、続く8番須田は、フルカウントからの6球目を見事に叩き、レフトスタンドに今季第1号となるソロ本塁打を放ち追加点を挙げ、8回には、上位2、3、4番に座る4年生3人で1点を奪い、同級生の沼田を援護することができました。今後も、繋ぐ意識を持って1点でも多く得点することを心掛けていきたいと思います。
次週は、東洋大学と勝ち点「3」をかけた大一番が控えております。もう一度気持ちを引き締め、全員野球で戦いたいと思います。皆様のご声援お待ちしております。


今季3勝目を挙げた4年沼田


先制点に喜ぶ立正ナイン


鮮やかな本塁打を放った8番須田

次回の試合
10月4日(土)
対 東洋大学 一回戦
12:00 (立正大学G)

主務 石田 真之

9月28日 対 東京農業大学 二回戦

日曜日, 9 月 28th, 2014

こんばんは。
本日は、東京農業大学との二回戦を東京農業大学Gで行いました。

(東京農業大学二回戦)
東 100 300 000 4
立 100 000 000 1

高橋(3回2/3)黒木(5回1/3)-須田

今季初先発となった高橋は、初回から制球に苦しむ立ち上がりとなり1点を失いました。2回以降もランナーを出す苦しい展開が続き、3回2/3を投げ、4四球と本来の投球をすることができませんでした。2番手を任された黒木は、5回以降毎回三振を奪い、5回1/3を投げ、3安打、9奪三振と完璧なリリーフを果たしました。また、MAX149km/hを記録するなど、躍動感溢れる投球フォームには今後も期待がかかります。
本日の試合も相手を上回る9安打を放つも1得点。3番本間が3安打、7番板倉が2安打を放つなど打線は上向きですが、走塁ミスや判断ミスなど細かなミスが目立ち、流れを手繰り寄せることができませんでした。明日は、神宮球場での試合となります。この巡ってきた機会に、神宮球場での初勝利を挙げられるよう全力で戦いたいと思いますので、応援の程宜しくお願い致します。


好リリーフを果たした黒木


3安打と好調な3番本間

明日の試合
対 東京農業大学 三回戦
9:00 (神宮球場)

主務 石田 真之

9月27日 対 東京農業大学 一回戦

土曜日, 9 月 27th, 2014

こんばんは。
本日は、東京農業大学との一回戦を立正大学Gで12:00から行いました。
国士舘大学との二回戦に続き、延長11回に渡る緊迫した試合展開となりました。

(東京農業大学一回戦)
立 000 000 000 03 3
東 000 000 000 00 0

沼田(11回)-須田

先発沼田は、初回から多彩な球種を投じ、相手打線に的を絞らせませんでした。低めに丁寧にコントロールし内野ゴロの山を築くと、遊撃手の板倉を中心にしっかりと守り、沼田は8回をパーフェクトに抑える完璧な投球を見せました。打線の援護がなく延長にはなりましたが、粘り強く11回を投げ抜き、被安打5、無失点とエースの貫録を見せつけました。
一方打線は、何度かチャンスを作るものの1本が出せず、苦しい展開となってしまいました。9回まで4安打に抑えられていましたが、延長11回の表、先頭の中村(要)が内安打で出塁し、得点圏にランナーを置くと、4番高橋の左中間を破るタイムリー二塁打で先制。続く5番三好、6番近藤と連続タイムリー安打が飛び出しこの回一挙3点を奪いました。この3点を沼田がしっかりと0点に抑え、完封勝利で今季2勝目を挙げました。明日以降は、チャンスでしっかりと点が取れるように集中していきたいと思います。
本日の勝利を無駄にすることなく、この勢いのまま明日も必ず勝ちたいと思います。今後ともご声援宜しくお願い致します。


11回を無失点に抑えた左腕沼田


先制点を叩き出した4番高橋


2安打1打点の活躍を見せた6番近藤

明日の試合
対 東京農業大学 二回戦
13:00 (東京農業大学G)

主務 石田 真之

9月27日(土)試合時間変更のお知らせ

木曜日, 9 月 25th, 2014

こんにちは。
9月27日(土)に行われる東京農業大学との試合ですが、
日没の関係で試合時間が1時間早まることなり、12時試合開始となります。
なお、他球場は予定通り13時開始ですので、お間違いないようにお気を付け下さい。
試合の詳細は下記の通りになりますので宜しくお願い致します。

9月27日(土)
立正大学 対 東京農業大学
12:00(立正大学G)

日本大学 対 東洋大学
13:00(日本大学G)

国士舘大学 対 専修大学
13:00(国士舘大学G)

主務 石田 真之

9月14日 対 国士舘大学 二回戦

日曜日, 9 月 14th, 2014

こんにちは。
本日は、国士舘大学との二回戦を国士舘大学Gで行いました。
延長10回サヨナラ勝ちという白熱した試合展開となりました。

(国士舘大学二回戦)
国 000 000 100 0 1
立 010 000 000 1 2

山下(6回1/3)黒木(3回2/3)-須田

今季初先発となった左腕山下は、多少の緊張も感じられましたが、多彩な変化球を丁寧にコントロールし国士舘打線を1点に抑える好投を見せました。7回に3本の安打を浴び同点に追いつかれ、なお一死1、3塁のピンチはありましたが、2番手黒木が完璧な継投を果たし逆転は許しませんでした。黒木は、六者連続三振を奪うなど本来の投球が戻ってきたように感じます。
攻撃では、5番三好が4安打1本塁打と躍動し、チーム全体で13安打を放ちました。しかし、得点圏にランナーはおくもののチャンスに1本がでず、大変苦しい試合展開となりました。そんな中、延長10回裏、2番中村が右中間に大きな二塁打を放ち、3番本間が犠打で送り絶好のサヨナラのチャンスをつくると、迎えるは4番高橋。ツーストライクと追い込まれた状況でしたが、焦ることなく持ち味である逆方向へのバッティングを徹底し、鮮やかな右前安打を放ちサヨナラ勝利を収めました。本当に苦しい戦いとなりましたが、集中力を切らすことなく、ただ「勝ちたい」一心で戦い抜くことができました。この勢いでリーグ戦を突っ走っていきたいと思います。本日は、敵地ながら最後までたくさんの方に声援を送って頂きましてありがとうございました。これからも負けられない戦いが続きますので、どうかご声援の程宜しくお願い致します。


4安打1本塁打の活躍を見せた5番三好


サヨナラタイムリーを放った4番高橋

次回の試合
9月27日(土)
対 東京農業大学 一回戦
13:00 (立正大学G)

主務 石田 真之

9月13日 対 国士舘大学 一回戦

土曜日, 9 月 13th, 2014

こんにちは。
本日は、国士舘大学との一回戦を立正大学Gで行いました。
専修大学戦での連敗から一転、立正野球で快勝することができました。

(国士舘大学一回戦)
立 000 020 000 2
国 000 000 000 0

沼田(9回)-須田

開幕カードで連敗し、絶対に落とすことのできない状況の中で、開き直って試合に挑むことできました。
先発沼田は、5回まで一人のランナーも出さない完璧な投球を見せるなど、9回を投げ2安打無失点と国士舘打線に付け入る隙を与えませんでした。
攻撃では、5回に2本の安打と相手のエラーが絡み、2死満塁のチャンスをつくると、1番小林(諒)が均衡を破る中安打を放ち2点を先制。
この2点をしっかりと全員で守り切り、無失策で快勝を収めました。
また初のスタメン起用となった5番小畑、9番小林(航)が安打を放ち、しっかりと起用に応えるなど期待の戦力が増え、6番三好が2安打を放つなど打線は上向きです。
明日は国士舘大学Gですが、敵地で勝利し勢いに乗っていきたいと思いますのでご声援の程宜しくお願い致します。


完封勝利で今季1勝目を挙げた左腕沼田


先制タイムリー安打を放った1番小林(諒)

明日の試合
対 国士舘大学 二回戦
13:00 (国士舘大学G)

主務 石田 真之

9月8日 対 専修大学 二回戦

月曜日, 9 月 8th, 2014

こんにちは。
本日は、春季リーグ戦での入替戦以来となる神宮球場で専修大学との二回戦を行いました。

(専修大学二回戦)
専 030 200 000 5
立 000 100 000 1

黒木(4回)沼田(2回)出羽(3回)-須田

先発黒木が序盤に専修打線につかまり、4回を投げ5失点と波に乗ることができませんでした。
2番手沼田、3番手出羽は好投を見せましたが、序盤の失点が響き連敗を喫してしまい勝ち点を落としました。攻撃では、好機はつくるもののチャンスで1本がでず、6安打1得点と完全に封じられてしまいました。そんな中、主将板倉は2安打を放つなど存在感を見せつけ、次週からの試合もキーマンになることと思います。
開幕カードで勝ち点を落としてしまいましたが、春季リーグ戦で二部優勝を果たした意地と自信があるので、このまま引きずる訳にはいきません。もう一度チームを立て直して、次週の国士舘大学戦は必ず勝ち点を挙げます。まだまだ始まったばかりなので、下を向くことなく精一杯戦っていきますので、今後とも応援の程宜しくお願い致します。


チームを引っ張る主将板倉

次週リーグ戦
9月13日(土)
対 国士舘大学 一回戦
13:00 (立正大学G)

主務 石田 真之

9月6日 対 専修大学 一回戦

土曜日, 9 月 6th, 2014

こんばんは。
日本一暑い熊谷の夏を乗り越え、待ちに待った秋季リーグ戦が開幕致しました。
ホームグラウンドでの開幕ということもあり、たくさんの方が立正大学まで足を運んで下さり、心強い声援を送って下さいました。
しかし、開幕戦を白星で飾ることができませんでした。

(専修大学一回戦)
立 100 000 000 1
専 000 001 40× 5

黒木(3回)沼田(3回1/3)小田嶋(2/3)堀(1回)-須田

春季リーグ戦で苦戦した相手でしたが、この夏に急成長を遂げた1番中村(要)が初球をたたき左二塁打で出塁すると、2番小林がきっちり犠打で送りいきなりのチャンスを迎えました。
続く不動の3番本間が左犠飛打を放ち、理想の展開でしっかりと先制点を取ることができました。しかし、先発の黒木が立ち上がりから制球が定まらず、3回でマウンドを降りるまさかの展開となってしまいました。2番手の沼田も要所を締める投球を見せましたが、7回に長短打含む4安打を浴び相手打線を止めることができませんでした。本日は、打線が3安打と沈黙し、負けるべくして負けたと反省しております。
しかし、秋季リーグ戦もまだ始まったばかりです。振り返れば、春季リーグ戦も開幕戦で敗北を喫し、そこから這い上がって参りました。気持ちを引き締めて、明日からの試合に挑みたいと思います。
明日は、ビジターでの試合となりますが温かいご声援を宜しくお願い致します。


この秋、1番打者として期待がかかる2年生中村(要)


不動の3番として打線を引っ張る4年生本間

明日の試合
対 専修大学 二回戦
13:00 (専修大学G)

主務 石田 真之

Ⅱ部開幕のお知らせ

金曜日, 9 月 5th, 2014

こんにちは。
待ちに待った秋季リーグ戦が明日開幕致します。
4年生にとっては大学野球最後のリーグ戦となり、またこのメンバーで野球ができるのも最後となります。
春季リーグ戦でⅡ部優勝を果たし、入替戦の切符を手にしましたが惜しくも連敗を喫してしまいⅠ部復帰とはなりませんでした。
しかし入替戦で悔しい思いを経験し、日本一暑い熊谷の夏を乗り越え、選手たちはより一層逞しくなり良いチーム作りができました。
厳しいマークの中での試合になると思いますが、今まで積み上げてきたものを信じて戦い抜きたいと思います。
この秋もう一度神宮で戦えるように精一杯頑張りますので、どうか皆様の温かい声援を宜しくお願い致します。

9月6日(土)
対 専修大学 13:00 (立正大学G)

立正大学硬式野球部
主務 石田 真之