5月18日 対 国士舘大学 二回戦

こんばんは。
本日は、国士舘大学との二回戦を国士舘大学Gで行い、
1対0という緊迫した試合をものにし、ついに「二部優勝」を成し遂げることができました。
敵地にも関わらず、多くの方が球場に足を運んで下さり、溢れんばかりの声援に後押しされ、
選手たちの励みとなり、いつも以上の力が発揮できたと思います。

(国士舘大学二回戦)
国士 000 000 000 0
立正 000 100 00× 1

高橋(9回)-須田

「二部優勝」をかけた大一番。
勝たなければならないという重圧はありましたが、
それを乗り越え、普段通りの立正野球を展開することができました。
両チーム無得点で迎えた4回裏。1死から3番本間が四球で出塁し、すかさず盗塁を決めチャンスを広げると、
これまでの試合、大事な場面で幾度となくチームを救ってきた5番三好が、ライトの頭を遥かに越えるタイムリー2塁打を放ち1点を先制。
先発高橋は、この1点を最後まで1人で守りきり、9回3安打7奪三振と国士舘打線を完全に封じました。
9回表、安打と自らのバント処理ミスにより、無死2・3塁という絶対絶命のピンチを迎えましたが、
1球1球集中し、「三振、三振、遊ゴロ」に抑え、見事な完封勝利を収めました。
最後の1球まで、魂のこもった気迫の投球が見られ、高橋はリーグ戦を通じてチームになくてはならない存在となりました。
高橋だけではなく、チーム全体として試合を重ねるたびに成長し、また精神的にも強くなったと実感しております。
本日の優勝は、あくまでも入替戦の切符を手にしただけの通過点にすぎず、
ここで気を抜くことなく、よりレベルの高い野球を目指し、入替戦に向かって前進していかなければなりません。
応援して下さるみなさんの期待にお応えできるよう、必ず入替戦で勝利し、坂田監督を胴上げします。
本日は、温かいご声援を頂き、ありがとうございました。

null
優勝投手となった3年生高橋

null
決勝打を放った5番三好

null
歓喜の瞬間

null
歓声を浴びる選手たち

null
立正大学が誇る最強投手陣

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之

Comments are closed.