5月17日 対 国士舘大学 一回戦

こんばんは。
本日は、国士舘大学との一回戦を立正大学Gで行いました。
勝ち点を取れば「優勝」が決まるという最終カード。
プレッシャーのかかる試合でしたが、ホームGということもあり、
たくさんの声援に囲まれながら良い緊張感のもと戦うことができました。

(国士舘大学一回戦)
立正 200 000 200 4
国士 000 000 110 2

沼田(7回)出羽(2/3)黒木(1回1/3)-須田

初回2死から、これまで何度も勝利に貢献してきた3番本間がライトに鮮やかなホームランを放ち先制。
続く4番近藤が中安打で繋ぎ、すかさず盗塁。2死2塁から5番三好が右安打を放ち初回に2点を先取。
負けられないプレッシャーの中で、チームのテーマである「先制点」を奪うことができ、試合を優位に進めることができました。
先発沼田が6回まで1安打に抑える好投を続ける中、攻撃では2回以降チャンスは作るもののあと1本が出せず、6回まで2対0と緊迫した展開が続きました。
何とか追加点を奪いたい7回。1死から9番吉江が四球で出塁すると、1番小林が中安打を放ち1死1・3塁とチャンスを広げます。
続く2番伊達の投球間に小林が盗塁を決め、1死2・3塁の絶好の場面を作ると、代わったばかりの相手投手の2球目を叩き、1・2塁間を破る2点タイムリー安打で待望の追加点を奪いました。
その裏、ホームランを打たれ1点は奪われたものの、沼田は7回3安打1失点と先発投手の役割をしっかりと果たしました。
2番手を任された3年生出羽は、今季初登板でしたが3安打1失点と本調子ではありませんでした。
しかし、3番手黒木がしっかりと抑え、大事な初戦を4対2で勝利することができました。

ついに優勝に王手を迎えました。
今までやってきた立正野球を、普段通り冷静にできれば必ず勝利に繋がると思います。
明日、必ず勝って優勝を決めますので、ご声援の程宜しくお願い致します。

null
今季3勝目を挙げた先発沼田

null
鮮やかな先制ホームランを放った3番本間

明日の試合
対 国士舘大学 二回戦
13:00 (国士舘大学G)

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之

Comments are closed.