5月11日 対 東洋大学 二回戦

こんばんは。
昨日、敵地での勝ち星を挙げ、勢いのある中、
本日は、東洋大学との二回戦を立正大学Gで行いました。

(東洋大学二回戦)
立正 100 001 000 100 01 4
東洋 000 000 020 100 00 3

高橋(7回2/3)黒木(6回1/3)-須田

試合前から選手たちの雰囲気は良く、プレッシャーはあまり感じられませんでした。すごく良い状態で試合に臨むことが出来ていたと思います。
そして昨日の勝利の勢いのままに初回、無死一、二塁から、チームの柱である副主将3番本間が左前を放ち、本日も先制点を奪います。
先発、高橋も5回途中まで安打を許さない堂々のピッチングを魅せました。
先制したものの初回以降の攻撃が上手く噛み合わず、なかなか点を取りきれないなか6回表、リーグ戦スタメン初出場の3年生小嶋が二死二塁のチャンスで初球を見事に叩き、右中間を深々と破る二塁打を放ち、追加点を奪います。初出場で緊張もしていたと思いますが、チームの為にと人一倍の努力を積み重ねてきた小嶋がチームに大きな追加点をもたらしました。
そして8回裏、東洋大学の攻撃。調子のよかった序盤以降、何とか相手に点を与えない高橋でしたが、二死二塁から3番谷澤に右中間への本塁打を許しました。
必死に奪い取った2点を一振りで同点にされ、場内は溜め息に包まれました。しかし立正ナインは決して下を向くことなく、闘い続けました。
試合は2対2のまま延長戦へと突入し、迎えた10回表、ここまで1年生ながら試合に出続けて何度もチームの窮地を救った5番三好が二死二塁から中前タイムリーを放ち、待望の3点目を奪いました。
このまま試合が終了するかと思われましたが、首位を走ってきた東洋もさすがの粘りを見せ、高橋に代わった黒木から1番富澤がライトへの本塁打を放ち、再び同点となります。
それからチャンスは互いに作るもののなかなか点を奪えず、迎えた延長14回、先頭4年生小林の四球を足がかりに一死二塁のチャンスを作ります。
ここで先制タイムリーを放った頼れる副主将、本間が気合の中前安打を放ち、再び逆転します。
そのまま黒木が裏の攻撃を3人でぴしゃりと抑え、4時間30分を超える死闘を見事、勝利で飾り、勝ち点を取ることが出来ました。

試合前から多くのOB、学校関係者、保護者の方、そして立正大学応援指導部の皆様や吹奏楽部の方も最初から最後まで活気の溢れる応援をして頂き、選手にとって非常に力強い存在となりました。
この勝利は野球部のみならず、応援して下さった全員の気持ちが「ひとつ」となって掴んだ素晴らしい勝利でした。
この場をお借りして感謝の気持ちを伝えたいと思います。
本日は休日にも関わらず、熱い声援を送って頂き、ありがとうございました。

来週の国士舘大学戦に向けて決して慢心することなく、一部昇格への切符を全員で力を合わせて掴みます。
ご声援宜しくお願い致します。


初回、最終回とタイムリーを放った副主将 本間


初出場で期待に応えた3年生 小嶋


勝利の歓喜に湧く、立正大学野球部員


素晴らしい演奏でチームを勇気づけた立正大学吹奏楽部の皆様

来週の試合

対 国士舘大学 一回戦
13:00 (立正大学)

立正大学硬式野球部
マネージャー 笠川 真一朗

Comments are closed.