Archive for 5 月, 2014

5月18日 対 国士舘大学 二回戦

日曜日, 5 月 18th, 2014

こんばんは。
本日は、国士舘大学との二回戦を国士舘大学Gで行い、
1対0という緊迫した試合をものにし、ついに「二部優勝」を成し遂げることができました。
敵地にも関わらず、多くの方が球場に足を運んで下さり、溢れんばかりの声援に後押しされ、
選手たちの励みとなり、いつも以上の力が発揮できたと思います。

(国士舘大学二回戦)
国士 000 000 000 0
立正 000 100 00× 1

高橋(9回)-須田

「二部優勝」をかけた大一番。
勝たなければならないという重圧はありましたが、
それを乗り越え、普段通りの立正野球を展開することができました。
両チーム無得点で迎えた4回裏。1死から3番本間が四球で出塁し、すかさず盗塁を決めチャンスを広げると、
これまでの試合、大事な場面で幾度となくチームを救ってきた5番三好が、ライトの頭を遥かに越えるタイムリー2塁打を放ち1点を先制。
先発高橋は、この1点を最後まで1人で守りきり、9回3安打7奪三振と国士舘打線を完全に封じました。
9回表、安打と自らのバント処理ミスにより、無死2・3塁という絶対絶命のピンチを迎えましたが、
1球1球集中し、「三振、三振、遊ゴロ」に抑え、見事な完封勝利を収めました。
最後の1球まで、魂のこもった気迫の投球が見られ、高橋はリーグ戦を通じてチームになくてはならない存在となりました。
高橋だけではなく、チーム全体として試合を重ねるたびに成長し、また精神的にも強くなったと実感しております。
本日の優勝は、あくまでも入替戦の切符を手にしただけの通過点にすぎず、
ここで気を抜くことなく、よりレベルの高い野球を目指し、入替戦に向かって前進していかなければなりません。
応援して下さるみなさんの期待にお応えできるよう、必ず入替戦で勝利し、坂田監督を胴上げします。
本日は、温かいご声援を頂き、ありがとうございました。

null
優勝投手となった3年生高橋

null
決勝打を放った5番三好

null
歓喜の瞬間

null
歓声を浴びる選手たち

null
立正大学が誇る最強投手陣

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之

5月17日 対 国士舘大学 一回戦

土曜日, 5 月 17th, 2014

こんばんは。
本日は、国士舘大学との一回戦を立正大学Gで行いました。
勝ち点を取れば「優勝」が決まるという最終カード。
プレッシャーのかかる試合でしたが、ホームGということもあり、
たくさんの声援に囲まれながら良い緊張感のもと戦うことができました。

(国士舘大学一回戦)
立正 200 000 200 4
国士 000 000 110 2

沼田(7回)出羽(2/3)黒木(1回1/3)-須田

初回2死から、これまで何度も勝利に貢献してきた3番本間がライトに鮮やかなホームランを放ち先制。
続く4番近藤が中安打で繋ぎ、すかさず盗塁。2死2塁から5番三好が右安打を放ち初回に2点を先取。
負けられないプレッシャーの中で、チームのテーマである「先制点」を奪うことができ、試合を優位に進めることができました。
先発沼田が6回まで1安打に抑える好投を続ける中、攻撃では2回以降チャンスは作るもののあと1本が出せず、6回まで2対0と緊迫した展開が続きました。
何とか追加点を奪いたい7回。1死から9番吉江が四球で出塁すると、1番小林が中安打を放ち1死1・3塁とチャンスを広げます。
続く2番伊達の投球間に小林が盗塁を決め、1死2・3塁の絶好の場面を作ると、代わったばかりの相手投手の2球目を叩き、1・2塁間を破る2点タイムリー安打で待望の追加点を奪いました。
その裏、ホームランを打たれ1点は奪われたものの、沼田は7回3安打1失点と先発投手の役割をしっかりと果たしました。
2番手を任された3年生出羽は、今季初登板でしたが3安打1失点と本調子ではありませんでした。
しかし、3番手黒木がしっかりと抑え、大事な初戦を4対2で勝利することができました。

ついに優勝に王手を迎えました。
今までやってきた立正野球を、普段通り冷静にできれば必ず勝利に繋がると思います。
明日、必ず勝って優勝を決めますので、ご声援の程宜しくお願い致します。

null
今季3勝目を挙げた先発沼田

null
鮮やかな先制ホームランを放った3番本間

明日の試合
対 国士舘大学 二回戦
13:00 (国士舘大学G)

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之

5月11日 対 東洋大学 二回戦

日曜日, 5 月 11th, 2014

こんばんは。
昨日、敵地での勝ち星を挙げ、勢いのある中、
本日は、東洋大学との二回戦を立正大学Gで行いました。

(東洋大学二回戦)
立正 100 001 000 100 01 4
東洋 000 000 020 100 00 3

高橋(7回2/3)黒木(6回1/3)-須田

試合前から選手たちの雰囲気は良く、プレッシャーはあまり感じられませんでした。すごく良い状態で試合に臨むことが出来ていたと思います。
そして昨日の勝利の勢いのままに初回、無死一、二塁から、チームの柱である副主将3番本間が左前を放ち、本日も先制点を奪います。
先発、高橋も5回途中まで安打を許さない堂々のピッチングを魅せました。
先制したものの初回以降の攻撃が上手く噛み合わず、なかなか点を取りきれないなか6回表、リーグ戦スタメン初出場の3年生小嶋が二死二塁のチャンスで初球を見事に叩き、右中間を深々と破る二塁打を放ち、追加点を奪います。初出場で緊張もしていたと思いますが、チームの為にと人一倍の努力を積み重ねてきた小嶋がチームに大きな追加点をもたらしました。
そして8回裏、東洋大学の攻撃。調子のよかった序盤以降、何とか相手に点を与えない高橋でしたが、二死二塁から3番谷澤に右中間への本塁打を許しました。
必死に奪い取った2点を一振りで同点にされ、場内は溜め息に包まれました。しかし立正ナインは決して下を向くことなく、闘い続けました。
試合は2対2のまま延長戦へと突入し、迎えた10回表、ここまで1年生ながら試合に出続けて何度もチームの窮地を救った5番三好が二死二塁から中前タイムリーを放ち、待望の3点目を奪いました。
このまま試合が終了するかと思われましたが、首位を走ってきた東洋もさすがの粘りを見せ、高橋に代わった黒木から1番富澤がライトへの本塁打を放ち、再び同点となります。
それからチャンスは互いに作るもののなかなか点を奪えず、迎えた延長14回、先頭4年生小林の四球を足がかりに一死二塁のチャンスを作ります。
ここで先制タイムリーを放った頼れる副主将、本間が気合の中前安打を放ち、再び逆転します。
そのまま黒木が裏の攻撃を3人でぴしゃりと抑え、4時間30分を超える死闘を見事、勝利で飾り、勝ち点を取ることが出来ました。

試合前から多くのOB、学校関係者、保護者の方、そして立正大学応援指導部の皆様や吹奏楽部の方も最初から最後まで活気の溢れる応援をして頂き、選手にとって非常に力強い存在となりました。
この勝利は野球部のみならず、応援して下さった全員の気持ちが「ひとつ」となって掴んだ素晴らしい勝利でした。
この場をお借りして感謝の気持ちを伝えたいと思います。
本日は休日にも関わらず、熱い声援を送って頂き、ありがとうございました。

来週の国士舘大学戦に向けて決して慢心することなく、一部昇格への切符を全員で力を合わせて掴みます。
ご声援宜しくお願い致します。


初回、最終回とタイムリーを放った副主将 本間


初出場で期待に応えた3年生 小嶋


勝利の歓喜に湧く、立正大学野球部員


素晴らしい演奏でチームを勇気づけた立正大学吹奏楽部の皆様

来週の試合

対 国士舘大学 一回戦
13:00 (立正大学)

立正大学硬式野球部
マネージャー 笠川 真一朗

5月10日 対 東洋大学 一回戦

土曜日, 5 月 10th, 2014

こんにちは。
本日は、首位を走る東洋大学との一回戦を東洋大学Gで行いました。

(東洋大学一回戦)
東洋 000 100 100 2
立正 003 014 00× 8

沼田(7回)高橋(1回)黒木(1回)-須田

首位を走る東洋大学との直接対決。
「絶対に負けられない」という選手たちの思いが一つとなり、結果として表れた試合となりました。
3回裏、無死一塁の場面で、8番伊達に送りバントではなく強攻策。
監督の采配が的中し、左中間を深々と破るタイムリー3塁打を放ち先制し、この回一挙3点を取りました。
今季初めて、1番に座った4年生小林は2安打を放つなど、監督の起用にしっかり応えました。
また、3番本間は2安打3打点、7番須田も2安打を放つなど、4年生がチームを引っ張り快勝へと導きました。
投げては、こちらも4年生の沼田が、東洋打線を7回3安打に抑える好投を見せ、今季2勝目を挙げました。
明日も、絶対に負けられない試合なので、チーム一丸となり、ホームグラウンドで勝ち点を挙げたいと思います。
ご声援の程、宜しくお願い致します。

null
今季2勝目を挙げた先発投手沼田

null
打線の口火を切った8番伊達

明日の試合
対 東洋大学 二回戦
13:00 (立正大学G)

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之