Archive for 4 月, 2014

4月28日 対 専修大学 三回戦

月曜日, 4 月 28th, 2014

こんばんは。
本日は、専修大学との三回戦を小野路球場にて行いました。

(専修大学三回戦)
立正 000 000 022 4
専修 000 003 31× 7

黒木(5回2/3)水原(1回)山下(1/3)平良(1回)-須田

昨日に引き続き、本日の試合も中盤まで「0」が並ぶ一進一退の攻防となりました。
先発投手の黒木は、5回まで3安打に抑える好投を続けておりましたが、
6回途中から、徐々にコントロールが乱れ始め、被安打5、四死球5、3失点でマウンドを降りました。
黒木の後を託されたのは今季初登板となる3人でしたが、相手打線の流れを止める事ができず自慢の投手陣が今季最多の7失点を喫しました。
攻撃では、7回まで2安打に抑えられリズムを掴むことができませんでした。
しかし、8回・9回で6安打4得点と、最後まで諦めない姿勢で戦い抜きました。
勝ち点こそ逃しましたが、この負けを糧にし次の東洋大学戦は必ず勝ちます。
今後とも応援の程、宜しくお願い致します。

null
頼れる3番打者本間

null
2番打者としてチームを引っ張る4年生小林

null
9回表代打で左前安打を放ちチャンスを広げた4年生西垣

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之

4月27日 対 専修大学 二回戦

日曜日, 4 月 27th, 2014

こんばんは。
本日は、専修大学との二回戦を専修大学Gで行いました。
ビジターにも関わらず、多くの方々が足を運んで下さり、たくさんの声援を送っていただきました。
本当にありがとうございました。

(専修大学二回戦)
専修 000 000 010 1
立正 000 000 000 0

沼田(9回)-須田

先発投手沼田が、辛抱強く粘りの投球を見せましたが、接戦をものにすることができませんでした。
両チームのスコアボードに「0」が刻まれ、手に汗握る緊迫した試合展開のなか迎えた8回表。
先頭打者に二塁打を浴び、犠打、犠飛打で先制点をを許しました。
この試合、沼田が三塁まで走者を許したのがこの一回のみ。9回を投げ、6安打1失点と好投しました。
しかし、打線は相手投手を攻略することができず、4安打無得点と沈黙し、沼田を援護することができませんでした。
明日も接戦となることが予想されますが、チャンスを確実にものにし、有利な試合展開に持ち込みたいと思います。
必ず勝利を手にし、勝ち点「3」を掴みます。

null
粘り強い投球を見せた4年生左腕沼田

明日の試合
対 専修大学 三回戦
13:00 (小野路球場)

応援宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之

4月26日 対 専修大学 一回戦

土曜日, 4 月 26th, 2014

こんばんは。
本日は、専修大学との一回戦を立正大学Gで行いました。

(専修大学一回戦)
立正 000 053 000 8
専修 200 000 000 2

黒木(6回)堀(2回)水原(1回)-須田

先発投手の黒木が、初回の先頭打者に本塁打を浴びるなど、2点を失う苦しい立ち上がりとなりました。
制球が定まらず、本調子ではなかった黒木でしたが、要所を締める投球を見せ、6回2失点でマウンドを降りました。
続く堀、水原が専修打線をしっかりと抑え、今季初の継投で勝利することができました。
また攻撃面では、長短打を含む10安打を放ち、相手のミスから大量得点を重ねるなど、隙のない攻撃をすることができました。
今年のチームは、試合を重ねるにつれて確実にチーム力は上がっています。
この現状に満足することなく、常に高いレベルを意識し、試合に挑んでいきたいと思います。
明日も応援、宜しくお願い致します。

null
打線の口火を切った4年生小林

null
ダメ押し点となる2点タイムリー二塁打を放った9番吉江

null
6回表、2ラン本塁打を放った7番須田

明日の試合
対 専修大学 二回戦
13:00 (専修大学G)

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之

4月20日 対 日本大学 二回戦

日曜日, 4 月 20th, 2014

こんにちは。
本日は、日本大学との二回戦を立正大学Gで行いました。
ホームグラウンドということもあり、多くの方々が声援を送って下さいました。

(日本大学二回戦)
立正 000 111 002 5
日本 000 000 000 0

高橋(9回)-須田

昨日の勢いのまま、本日も選手達は躍動しました。
4、5、6回と小刻みに1点ずつ追加し、9回には4本のヒットなどで2点を追加。
先発出場選手のうち、4人が複数安打を記録するなど、9回まで攻撃を緩めることなく攻めきることが出来ました。
先発投手の高橋は、5安打、7奪三振と日大打線に付け入る隙を与えない好投を見せ、
沼田、黒木に続く完封勝利を納め、今季初勝利を挙げました。
非常に緊迫した試合展開でしたが、少ないチャンスをものにすることができ、連勝で勝ち点2となりました。
来週の専修大学戦も、攻撃を緩めることなく攻めの姿勢で戦っていきます。
本日は、たくさんの声援を送っていただき、本当にありがとうございました。

null
完封勝利を納めた3年生高橋

null
3打点の活躍を見せた主将板倉


バースデーHRを放った1番皆川

次回の試合
4月26日(土)
対 専修大学 一回戦
13:00 (立正大学G)

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之

4月19日 対 日本大学 一回戦

土曜日, 4 月 19th, 2014

こんばんは。
本日は、日本大学との一回戦を日本大学Gで行いました。

(日本大学一回戦)
日本 000 000 000 0
立正 000 010 00× 1

黒木(9回)-須田

東農大戦に続き、またも須田が決勝打を放ちました。
先発投手の黒木が、5回2死まで1人のランナーをも許さない投球を見せ、
その裏、女房役の須田が2死3塁という絶好のチャンスで左前安打を放ち1点を先制。
この1点を、最後まで全員野球で守りきり、緊迫した試合をモノにすることができました。
黒木は、2試合連続で完投し今季2勝目を挙げました。
「守り勝つ」というテーマのなかで、本日は最高の試合をすることができました。
この勢いのまま、明日も必ず勝ちます!!ご声援宜しくお願い致します。

null
9回3安打無失点の好投を見せた2年生黒木

null
2試合連続で決勝打を放った須田

次回の試合
4月20(日)
対 日本大学 二回戦
13:00(立正大G)

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之

4月9日 対 東京農業大学 三回戦

水曜日, 4 月 9th, 2014

こんにちは。
本日は、東京農業大学との三回戦を小野路球場にて行いました。

(東京農業大学三回戦)
立正 000 302 000 5
東濃 000 000 000 0

沼田(9回)-須田

4回二死満塁で、8番須田が右中間を破る走者一掃の三塁打で3点を先制。
6回には、5番三好が出塁し、盗塁、犠打など、機動力を絡め2点を追加。
11安打の猛攻で、相手に流れを与えませんでした。
投げては、先発の沼田が7安打を許すも、11奪三振と4年生の貫録を感じ、
東農大との試合は、先発投手がすべて完投するなど投手陣の層の厚さを見せつけました。
2勝1敗で勝ち越し、まず第一カードをとることができました。
本日の試合は、グラウンドで戦う選手と、スタンドで声援を送ってくれる選手との間に一体感が生まれ、持ち味の「チームワーク」の良さで勝ち取った勝利だと思います。
これから、まだまだ気の抜けない試合が続きますが、最後まで集中力を切らすことなく「優勝」に向かい全力で戦います。
どうか、これからの試合も温かいご声援を宜しくお願い致します。


11奪三振を奪う好投を見せた左腕エース沼田


先制の3点タイムリースリーベースは放った8番須田


第一カードで5安打を放った新入生三好

次回のリーグ戦
4月19日(土)
対 日本大学 一回戦
13:00 (日大G)

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之

4月8日 対 東京農業大学 二回戦

火曜日, 4 月 8th, 2014

こんばんは。

本日は町田市・小野路球場にて春季リーグ戦、対 東京農業大学との二回戦を行いました。

(東京農業大学二回戦)
東農 000 100 100 2
立正 000 000 012 3

黒木(9回)-須田

開幕初戦を落としてしまいましたが、選手たちは決して屈することなく堂々と闘いました。
先発投手・黒木(2年 橘学苑)は初回から二者連続の三振を奪うと、序盤から伸びのあるストレートとキレのあるスライダーで相手打線を抑えます。
相手に7本のヒットを許しましたが、9回を完投し、自責点1と昨秋リーグ戦からの成長がうかがえる見事な投球を魅せました。
黒木の投球とは裏腹に打者陣は相手投手・谷川を打ち崩せず、前半はヒット2本と打ちあぐねていましたが、
黒木の粘りの投球がチームの流れを変え、8回に1年生打者・三好(1年 三本松)のタイムリーで1点を返します。
そして1点ビハインドの9回裏、2死1塁から、代打 小嶋(3年 龍谷大平安)が右前安打を放ち、チャンスを広げます。
ここでバッターは初戦で2本のヒットを放っている好調、本間(4年 関東一)がサヨナラ勝利となる左中間2塁打で厳しい接戦を制しました。
なかなか点を挙げることが出来ないなかで、選手たちは必死に喰らいつき、粘り強く戦い、終盤での逆転劇を見せてくれました。
この逆転勝利が明日からの試合に繋がると信じ、明日も精一杯、チーム一丸となって闘っていきたいと思います。

null
9回完投の好投を見せた黒木投手

null
サヨナラタイムリーを放った本間外野手

null
歓喜の輪

4月9日(水) 小野路球場
対 東京農業大学 三回戦 13:00~

硬式野球部 マネージャー
笠川 真一朗

H26年春季リーグ戦開幕

土曜日, 4 月 5th, 2014

こんばんは。
本日より、H26年春季リーグ戦が開幕致しました。
ホーム&ビジター形式となり、以前にはない独特な雰囲気の中、開幕戦を迎えました。

(東京農業大学一回戦)
立正 001 000 000 1
東濃 001 100 00× 2

高橋(8回)-須田

開幕投手を務めた高橋は、本調子ではなかったものの東農大打線を4安打に抑えました。
4回に3本のヒットを打たれ逆転は許しましたが、要所を締める投球をし、5回以降は三者凡退に抑える好投を見せました。
一方で、打線は6安打と相手を上回ったものの、好機で1本が出せず1得点に終わりました。
その中でも、3番本間は2安打の活躍を見せるなど、打線を奮起させる予感がします。
初戦を白星で飾ることはできませんでしたが、リーグ戦も始まったばかりなので
明日からの試合も気持ちを切り替えて頑張りたいと思います。

null
開幕投手を務めた高橋

null
2安打の3番本間

4月6日(日)
対 東京農業大学 二回戦
13:00 (東農大G)

立正大学硬式野球部
マネージャー
石田 真之