2017.9.14 対 中央大学 二回戦

9 月 14th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日、中央大学との二回戦を行いました。

(中央大学二回戦)
立正  000 030 000  3
中央  010 003 10×  5
鈴木(5回2/3) 釘宮(2回1/3)-小畑

初戦を落とし、後がない状況で迎えた中央大学二回戦。先発はエース
鈴木に託されました。この試合、先攻の立正は初回に1アウトから
2番河津がレフト前ヒットで出塁すると、2アウトから4番伊藤裕も
レフト前ヒットを放ち、二死一塁三塁の先制のチャンスを迎えます。
しかし、後続が続くことができず、無得点で初回を終えます。
2回表も無得点で終わると、その裏に1アウトから二塁打を浴び、
一死二塁のピンチを迎えます。続く打者にも二塁打を浴び、先制を
許します。その後、試合は4回まで0-1とリードされたまま、
進みます。迎えた5回。ここから立正の反撃が始まります。
1アウトから、7番平田がレフトへの二塁打で出塁すると、続く8番
大平もライトへ安打を放ち、二塁走者の平田が生還し、同点とします。
そして、9番大友がカウント1ストライク3ボールから甘く入った
ストレートを捉え、2ランホームラン放ち、この回3点を奪い、
逆転に成功します。このまま立正のペースに持ち込めるかと思われた
展開でしたが、中央打線も甘くありませんでした。6回裏、1アウト
から、ライト前ヒットを許すと、2アウトから、二連打を浴び、3-3
の同点とされます。ここで鈴木から釘宮に交代するも、続く打者にも
タイムリーヒットを放たれ、3-4と逆転を許します。7回も、先頭打者
への四球から、一死三塁とされると、内野ゴロの間に1点を奪われ、
リードを広げられました。その後、立正打線も反撃を試みましたが、
7回から登板した相手投手を攻略することができず、3-5と惜敗を
喫しました。

null
好守好打でチームに貢献し、この試合2ランを放った4年生・大友

null
ガッツ溢れるプレーでチームを盛り立て、今日適時打を放った4年生・大平

次の試合

9月26日(火)
対 東洋大学 一回戦
試合開始予定 11:00~ 

ここまで2カードを終え、苦戦を強いられております。
これからも更に苦しい戦いが続きますが、立正本来の粘り強さを発揮
出来るよう選手、スタッフ一丸となり、一戦必勝で戦い抜きますので、
これからも熱く、温かい、ご支援・ご声援のほど宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
マネージャー

2017.9.13 対 中央大学 一回戦

9 月 13th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日、中央大学との一回戦を行いました。

(中央大学一回戦)
中央  121 001 000  5
立正  000 101 001  3
釘宮(3回) 新村(2回2/3) 竹内(1/3) 渡部(2回)倉田(1回)-小畑

12日が雨で順延となり、本日迎えた中央大学初戦。先発は抜群の安定
感を誇る釘宮でした。しかし、初回に先頭打者をストレートの四球で
塁に出すと、続く打者に犠打と犠飛で走者を進められ、二死三塁の
ピンチを迎えます。そして、次の打者を四球で歩かせると、続く打者
にレフト前タイムリーを打たれ、先制を許します。2回にも一死二塁
三塁のピンチを招くと、そこから二塁打を浴び、2点を失い、3回は
二死三塁から再び二塁打を浴び、1点を失い、この回で釘宮は降板
します。嫌な流れを変えようと4回から登板した新村は見事その期待
に応えます。4回にこの試合初めて相手打線を無失点で抑えると、
その裏、5番三好がライト中段へ完璧なホームランを放ちます。
そして、新村は5回も無失点に抑え、1-4で試合は後半に入ります。
6回表、ここまで好投してきた新村でしたが、二死二塁としたところで
左腕の竹内と交代します。これ以上の失点は何としても阻止したい
ところでしたが、ライトへ二塁打を放たれ、この回1失点を喫します。
しかし、その裏に先頭の2番河津がセンター前ヒットで出塁すると、
3番平田が送り、4番伊藤裕の進塁打で2死3塁とし、この日、2安打
1本塁打と当たっている5番三好を迎えます。そして、初球を弾くと
ショートに打球が飛び、アウトかと思われましたが、三好が全力疾走
で内野安打をもぎ取り、その間に三塁走者の河津が生還し、1点を返
します。その後追加点を上げることが出来ませんでしたが、1年生
投手コンビの渡部・倉田が9回まで無失点で抑え、立正は9回の攻撃を
迎えます。9回裏2アウトまで追い込まれますが、6番小畑がレフトへ
本塁打を放ち、3-5とします。その後、代打の木下がセンター前へ
ヒットを放ち、粘りをみせましたが、得点を上げることができず、
3-5で惜敗を喫しました。

null
4打数3安打1本塁打2打点と、この日大きく輝いた4年生・三好

null
最終回に本塁打を放つなど、攻守の要を担う4年生・小畑

次の試合

9月14日(木)
対 中央大学 二回戦
試合開始予定 ※10:30~ 
※プロ併用日のため、普段より30分ほど試合開始が早まります・
 ご了承ください。

これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
マネージャー

中央大学一回戦に関するお知らせ

9 月 12th, 2017 by Rissho Baseball

こんにちは。
本日予定されておりました、対 中央大学一回戦が天候不良のため、
順延となりました。
第一回戦の日程につきましては、下記に書いておきますので、
ご確認ください。

9月13日(水)
対 中央大学
試合開始予定 13:00~
(東都大学野球連盟HP)

明日も熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
マネージャー

2017.9.8 対 國學院大学 三回戦

9 月 8th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日、國學院大学との三回戦を行いました。

(國學院大学三回戦)
國學  101 000 050  7
立正  000 100 000  1
釘宮(7回2/3) 鈴木(0) 竹内(1/3) 木寺(1/3)福井(2/3)-小畑

1勝1敗で迎えた3戦目。先発は1戦目に粘投し勝利を呼びこんだ釘宮
でした。まず初回、先頭を打ち取るも、味方のエラーでいきなり無死
三塁のピンチを迎えます。先制は許したくないところでしたが、続く
打者にライト前に運ばれ、先制を許します。3回には、2アウトを取る
も、そこからソロホームランを浴び、更に1点を失いました。
3回終わって0-2と、リードを許していましたが、4回に立正は、
4番伊藤裕が左中間に特大のホームランを放ち、1点を返します。
しかし、そこから点をいれることができず、8回表には釘宮の後を受けた
鈴木が相手打線につかまり、5点を奪われ、その後、立正も反撃の芽を
潰され、1-7と惨敗を喫しました。

null
ホームランを放ち、この試合唯一の得点を挙げた3年生・伊藤裕

null
堅実な守備と粘り強い打撃でチームを牽引する主将の4年生・河津

次の試合

9月12日(火)
対 中央大学 一回戦
試合開始予定 ※13:00~ 
※プロ併用日のため、普段より30分ほど試合開始が早まります・
 ご了承ください。

これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
マネージャー

國學院大学三回戦に関するお知らせ

9 月 7th, 2017 by Rissho Baseball

こんにちは。
本日予定されておりました、対 國學院大学三回戦が天候不良のため、
順延となりました。
第三回戦の日程につきましては、下記に書いておきますので、
ご確認ください。

9月8日(金)
対 國學院大学
試合開始予定 12:00~
(東都大学野球連盟HP)

明日も熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
マネージャー

2017.9.6 対 國學院大学 二回戦

9 月 6th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日、國學院大学との二回戦を行いました。

(國學院大学二回戦)
立正  000 200 000  2
國學  100 011 03×  6
鈴木(5回1/3) 竹内(0) 新村(2回1/3) 福井(1/3)-小畑

連勝で勝ち点獲得を狙った2戦目。先発を任されたエースの鈴木は、初回、
2アウトを奪うとそこから内野安打を浴び、続く打者にも安打を浴び、その
間に1点を奪われ、先制を許しました。しかし、その後はピンチを招くも
意地の投球で4回まで得点を与えませんでした。打線も鈴木の粘投に応える
ように4回に1番小郷が左前安打で出塁すると、続く2番河津が死球をもらい、
無死1塁2塁とし、3番平田が送りバントを決め、1死2塁3塁のチャンスを作り
ます。そして、前打席で安打を放った4番伊藤裕が右越二塁打を放ち、
2点を返し、逆転に成功します。しかし、5回に2死を奪ったところから
本塁打を浴び、同点にされました。続く6回にも、1死から3塁打を浴び、
その後、野選で逆転を許すと、8回にも連打で3点を失いました。
最終回に立正も昨日、代打サヨナラホームランを放った佐々木斗夢が代打で
二塁打、7回裏から守備で出ていた吉田悠が中前安打を放つなど、反撃を
見せましたが及ばず、敗北を喫しました。

null
4番として3打数2安打2打点の活躍をみせた3年生・伊藤裕

null
攻守において存在感を示した4年生・小畑

次の試合

9月7日(木)
対 國學院大学 三回戦
試合開始予定 13:30~ 

明日は勝利し、勝ち点を上げたいと思いますので、
これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
マネージャー

2017.9.5 対 國學院大学 一回戦

9 月 5th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日、東都大学野球連盟秋季リーグ戦が開幕し、
國學院大学との一回戦を行いました。

(國學院大学一回戦)
國學  000 110 000 00  2
立正  010 000 100 01  3
釘宮(11回)-小畑

開幕投手に抜擢された釘宮は、打たせて取る投球で、3回まで相手打線を完全に
沈黙させます。打線も釘宮の力投に応えるように2回に6番木下がライトへの
2塁打で出塁すると、7番井橋が進塁打を放ち、1死3塁のチャンスを作ります。
そして、8番大友の打席の間に相手のワイルドピッチで先制に成功します。
3回まで調子よく投げていた釘宮でしたが4回に先頭打者に安打を許し、犠打と
続く打者への安打で1点を失うと、5回にも先頭打者への安打から死球と犠打で
1死1塁3塁とすると、スクイズを決められ、勝ち越しを許します。
立正打線は好機を作るも、得点を挙げることが出来ず、終盤の7回を向かえ
ます。立正は先頭の1番小郷が粘って四球で出塁すると、すかさず盗塁を決め、
無死2塁とします。そして、2番河津が犠打で送り、1死3塁となったところで、
3番平田を迎えます。この日、いい当たりのなかった平田でしたが、直球に
詰まりながらもレフト前に運び、7回に同点に追いつきました。しかし、
その後は追加点を上げることが出来ず、試合は延長へと続きます。両チーム
ともに毎回のピンチを抑え、息の詰まる投手戦となり、迎えた11回裏の立正の
攻撃でした。7番井橋に代打・佐々木斗夢がコールされます。
2ストライク3ボールとなり、2球粘った後の高めに浮いた変化球を逃しません
でした。放った打球はレフトスタンドへ入り、代打サヨナラホームランで試合
を決め、15季ぶり、東都1部で勝利を収めることができました。

null
粘投して一部初戦勝利を飾った3年生・釘宮

null
延長11回裏に劇的サヨナラホームランを放った2年生・佐々木斗夢

次の試合

9月6日(水)
対 國學院大学 二回戦
試合開始予定 11:00~ 

1部復帰初戦を勝利で飾ることができました。
明日も最後まで熱く戦い抜きたいと思いますので、
これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
マネージャー

第49回仏教系四大学野球大会閉会式

8 月 19th, 2017 by Rissho Baseball

第49回仏教系四大学野球大会終了後、閉会式が行われました。
大会は以下のような結果になりました。

優勝 ・立正大学
準優勝・龍谷大学
3位 ・駒澤大学
4位 ・愛知学院大学

null
閉会式では 村松 忠 審判長より、結果発表をしていただきました。

null
表彰式は立正大学 齊藤 昇 学長に表彰を行っていただきました。

null
閉会の辞は大会実行委員長 髙橋 堯英 先生に執り行っていただきました。

2日間、雨などで天候の悪い中、球場に足を運んでくださった皆様、
誠にありがとうございました。
また、次大会で第50回を迎える仏教系四大学野球大会ですが、
その節目となる大会も立正大学野球場にて行うことが決定致しました。
節目となる大会を本学にて行えることをとても光栄に思います。
これからも立正大学、そして仏教系四大学を宜しくお願い致します。
2日間、多くのご支援、ご声援をいただき誠にありがとうございました。

立正大学硬式野球部
マネージャー

第49回仏教系四大学野球大会決勝戦 対 龍谷大学

8 月 19th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日は第49回仏教系四大学野球大会決勝戦が行われ龍谷大学と試合をしました。

(仏教系四大学野球大会決勝戦)
龍谷  000 000 003  3
立正  101 002 00×  4
P 鈴木(3回)新村(2回)渡部(1回2/3)木寺(1回1/3)須佐見(2/3)福井(1/3)
C 木下(8回)広畑(1回)

先発の鈴木は打たせてとりながらも、要所は三振で仕留める投球で3回を投げ、
無失点に抑えました。打線も鈴木を援護するかのように初回に4番伊藤裕の犠牲
フライで1点、3回にも1番小郷が出塁し、盗塁などで相手守備をかき乱し、1点
を追加しました。4回から登板した2番手新村も素晴らしい制球力で5回までを
投げ、無失点に抑え、試合を作りました。続く3番手渡部は威力のある直球で
相手打線を抑え込み、7回途中までを投げました。打線は6回に3番中尾、
4番伊藤裕が連続安打で出塁すると相手のエラーと6番木下のタイムリーヒット
でこの回さらに2点を追加します。7回途中から渡部のあとを受け登板した木寺
は変幻自在の変化球で8回まで投げ、無失点で抑えました。9回に登板した
須佐見と福井は3点を奪われるも、意地をみせ、後続を抑え勝利を収めることが
できました。

null
先発としての役目を果たした3年生・鈴木

null
2安打含む3出塁で大きく貢献した3年生・中尾

null
捕手として守備の要を担った3年生・木下

皆様の応援の力もあり、仏教系四大学野球大会4連覇を達成することができまし
た。この勢いを落とすことなく、9月5日より開幕する東都大学秋季リーグ戦に
ぶつけたいと思います。これからも、熱く温かいご支援、ご声援の程、
宜しくお願い致します。

立正大学硬式野球部
マネージャー

第49回仏教系四大学野球大会開会式

8 月 18th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日から仏教系四大学野球大会が開幕致しました。
開会に当たって、髙橋 堯英 大会実行委員長から開会のお言葉を頂きました。
null

立正大学 齊藤 昇 学長は始球式で見事な投球をされました。
null

立正大学硬式野球部
マネージャー
吉永 聡