東都大学秋季リーグ戦優勝及び明治神宮大会優勝祝賀会

12 月 24th, 2018 by Rissho Baseball

平成30年12月19日に東都大学秋季リーグ戦一部優勝・明治維新百五十周年記念第四十九回明治神宮大会野球大会の優勝祝賀会が、グランドプリンスホテル新高輪にて行われました。

会場には、多くの御来賓の方に参列いただき、誠にありがとうございました。
日本一という成績を修めることができましたのも、皆様のご支援・ご声援の賜物だと思います。

本学の更なる発展に向け日々精進して参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

null
優勝祝賀会の様子

平成30年度立正大学硬式野球部練習納め

12 月 15th, 2018 by Rissho Baseball

こんにちは。

平成30年12月15日をもちまして立正大学硬式野球部の全体練習を終了
致しました。
本年度も多大なるご支援ご声援をいただきまして、誠にありがとう
ございました。
2度目の日本一を果たすことができましたのも、皆様のご尽力あってのものだと思います。
心より感謝しております。
来年度も皆様のご隆盛を願うとともに、本年と変わらぬご支援を
宜しくお願い致します。

null
トレーニングの様子

JAくまがや様よりお米の差し入れ

11 月 20th, 2018 by Rissho Baseball

第49回明治神宮野球大会優勝のお祝いの品として、JAくまがや様よりお米の差し入れを
いただきました。
誠にありがとうございます。部員一同、感謝しております。
この度、優勝出来ましたのも皆様のご尽力あってのものだと思います。
今後ともより一層皆様のご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

null
JAくまがや様よりいただいたお米

第49回明治神宮野球大会 対 環太平洋大学 優勝決定戦

11 月 15th, 2018 by Rissho Baseball

平成30年11月14日に明治神宮野球大会決勝 対 環太平洋大学が行われました。
先発、釘宮が5回まで相手打線を1失点に抑える投球を見せるも、6回にヒットとエラーが重なり
一挙に3点を失ってしまう。1点を返し迎えた8回、先頭1番平田が2ベースヒットで出塁し
1死3塁で3番小郷がタイムリーヒットを放ち3-4と1点差まで追い上げた。
その後、1死1塁から4番伊藤(裕)が特大ホームランを放ちついに5-4と逆転に成功する。
7番米田の犠飛も有り1点を追加し6-4とした。
最終回は糸川が0点で抑え、9年ぶり2回目の「日本一」を成し遂げた。
本日まで応援してくださった皆様、誠にありがとうござました。
引き続き、立正大学硬式野球部へのご支援、ご声援宜しくお願い致します。

対 環太平洋大学
 
立 正  001 000 140=6
I P U   010 003 000=4

立)釘宮 渡部 糸川ー木下
環)岩永 佐々木 屋良 仲尾 西山 大原ー志賀

null
「日本一」を達成した瞬間の様子

null
坂田 精二郎 監督 胴上げの様子

第49回明治神宮野球大会 対 関西国際大学

11 月 14th, 2018 by Rissho Baseball

平成30年11月13日に明治神宮野球大会準決勝 対 関西国際大学が行われました。
試合は先発、糸川が4回1失点と試合を作り渡部ー新村ー山本と継投し相手打線を抑えた。
打線は初回に2本の犠飛で得点すると、3回には3本のタイムリーヒットが出るなど
立正打線が爆発した。5、6回も攻撃の手を緩めず得点し13安打12得点と
打線の好調ぶりを見せつけた。
9年ぶりの日本一を達成するために熱いご声援宜しくお願いいたします。

対 関西国際大学
 
立  正  205 014=12
関西国際  000 100=1

立)糸川 渡部 新村 山本ー木下
関)森國 澁谷 河野 石田ー深尾

null
安打を放つ 3年 根本 郁也

null
適時打を放つ 3年 奧田 昇大

第49回明治神宮野球大会 対 九州共立大学

11 月 10th, 2018 by Rissho Baseball

平成30年11月10日に明治神宮野球大会準々決勝 対 九州共立大学が行われました。
試合は先発、糸川が8回まで無失点と圧巻の投球を見せた。
打線は7回先頭の3番小郷が四球で出塁すると盗塁と相手のエラーでチャンスを作った。
その後、4番伊藤(裕)がレフトへ豪快なホームランを放ち2点を先制した。
9回は抑えの釘宮が0点で切り抜け接戦をものにした。
日本一を達成するために熱いご声援宜しくお願いいたします。

対 九州共立大学
 
九 共  000 000 000=0
立 正  000 000 20×=2

九)島内 久保ー城間
立)糸川 釘宮ー木下

null
好投を見せた 2年 糸川 亮太

null
豪快なホームランを放つ 4年 伊藤 裕季也

2018年 ドラフト会議

10 月 30th, 2018 by Rissho Baseball

2018年ドラフト会議にて本学から2名指名されました。
今後とも熱いご支援、ご声援宜しくお願いいたします。

◇伊藤 裕季也のコメント◇
今回、2018年ドラフト会議にて横浜DeNAベイスターズより2指名して頂きました。
今は素直に嬉しい気持ちもありますが、まだ自分がプロの道に進む実感もなく不安な気持ちもあります。
昨年、先輩方が「1部に上がれば人生が変わる」という合言葉を元に
チームは東都リーグ1部復帰を果たし、今年は1部で勝って人生を変えようと
常に口にしながら日々の練習に取り組んできました。
1部に上がらなければアピールの場も減っていたと思うので
2位指名という評価はなかったと思います。
今まで立正野球部を築いてきてくださった先輩方のおかげで
今年こうして人生を変えることができました。
指名を受けたと同時に野球が出来る喜びを改めて感じました。
学校関係者をはじめ、監督、コーチ、先輩方、同級生、後輩、関係者の皆様に
この場をお借りして心より感謝申し上げます。
初心を忘れず1年目から活躍し、より長いプロ野球人生にしたいと思います。
今後も変わらず、温かいご声援の程宜しくお願い致します。

◇小郷 裕哉のコメント◇
今回、2018年ドラフト会議にて東北楽天ゴールデンイーグルスより7位指名して頂きました。
プロ野球の世界のスタートラインにまず立つことができ素直に嬉しく思います。
今回の指名は自分の力だけで掴んだものではなく、立正大学野球部に携わっていただいた
全ての方々の協力があってのことだと実感しております。この場をお借りして、心より感謝申し上げます。
また、明治神宮大会も控えておりますので、感謝の気持ちを「日本一」という結果で返せるようにチーム一同、精進して参ります。

null
左・横浜DeNAベイスターズ2位指名 伊藤 裕季也(内野手) 
右・東北楽天ゴールデンイーグルス7位指名 小郷 裕哉(外野手)

平成30年秋季リーグ戦 対 駒澤大学 優勝決定戦

10 月 26th, 2018 by Rissho Baseball

平成30年10月25日に秋季リーグ戦 対 駒澤大学と優勝決定戦が行われました。
試合は先発、糸川が8回まで無失点と圧巻の投球を見せた。
打線は2回4番伊藤(裕)が先制のソロホームランを放つ。1-0
3回には連打でチャンスを作り、相手のボークやスクイズで貴重な追加点を取った。3-0
7回には6連打が出るなど一挙4点を挙げ大きく突き放した。8-0
9回には抑えの釘宮が1点を失うものの最少失点に抑え8-1と勝利を収めた。
9年ぶり2回目の東都大学野球連盟1部リーグ優勝を収めた。
立正大学は大学は平成30年11月8日から開催される明治神宮野球大会に出場いたします。
日本一を達成するために熱いご声援宜しくお願いいたします。

対 駒澤大学 優勝決定戦
 
駒 澤  000 000 001=1
立 正  012 001 40×=8

駒)辻本 白銀 多崎 浪岡ー長
立)糸川 釘宮ー木下

null
先制ホームランを放つ 4年 伊藤 裕季也

null
圧巻の投球を見せた 2年 糸川 亮太

平成30年秋季リーグ戦 対 中央大学 2回戦

10 月 26th, 2018 by Rissho Baseball

平成30年10月17日に秋季リーグ戦 対 中央大学2回戦が行われました。
試合は先発、糸川が8回まで無失点に抑える見事な投球を見せた。
打線は3回チャンスで1番根本がタイムリースリーベースヒットを放ち先制する。
5回には代打伊藤(弘)もタイムリーヒットを放ち、追加点を挙げる。2-0
8回には4番伊藤(裕)が特大2ランホームランを放ち試合を決めたと思われたが
9回表に先発、糸川が3ランホームランを浴び1点差とされてしまう。ここで抑えの釘宮が登板し3人で抑え接戦をものにした。
本日で立正大学の試合が全て消化いたしました。7勝5敗勝ち点3となりました。
1部優勝、日本一を達成するために熱いご声援宜しくお願いいたします。

対 中央大学 2回戦
 
中 央  000 000 003=3
立 正  001 010 020=4

中)皆川 水谷ー古賀 了海
立)糸川 釘宮ー木下

null
見事な投球を見せた 2年 糸川 亮太

平成30年秋季リーグ戦 対 中央大学 1回戦

10 月 16th, 2018 by Rissho Baseball

平成30年10月16日に秋季リーグ戦 対 中央大学1回戦が行われました。
試合は先発、渡部が8回を無失点に抑える見事な投球を見せる。
攻撃では毎イニング、チャンスを作るもののあと1本が出ず投手戦が続いた。
6回裏、渡部が2死満塁のピンチを作るも気合の投球で相手打者をライトフライに打ち取った。
7回表、渡部の力投に応えようと1死1、2塁のチャンスで4番伊藤(裕)が均衡を破るレフトへのツーベースヒットを放つ2-0
9回、抑えの釘宮が0点に抑え接戦をものにした。
1部優勝、日本一を達成するために明日も熱いご声援宜しくお願いいたします。

対 中央大学 1回戦
 
立 正  000 000 200=2
中 央  000 000 000=0

立)渡部 釘宮ー木下
中)伊藤 水谷ー古賀

null
8回無失点 見事な投球を見せた 2年 渡部 勝太

null
3安打を放った 2年 髙橋 翔大