2017.5.22 対 国士舘大学 一回戦

5 月 22nd, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日、国士舘大学との一回戦が上尾市民球場にて開催されました。

(国士舘大学一回戦)
国士  000 000 100  1
立正  100 000 10✕  2
釘宮(5回) 渡部(2/3) 木寺(2/3) 福井(2/3) 鈴木(2回)-小畑

先発した釘宮は5回までを投げ、4安打を浴びるも要所を締める投球で無失点に抑え試合を作りました。その後は7回に2死1塁2塁から安打と失策が絡み1点を失い、尚もピンチが続くも、ライトを守る小郷の好守もあり、1失点のみに抑えました。8回からは鈴木が登板し、2イニングを続けて三者凡退に仕留め、試合を締めくくりました。
打撃では初回に先頭打者の小郷がエラーで出塁すると、2番河津が野選で出塁し、無死1塁2塁のチャンスを作ります。そして3番土井がしぶとくライト前に弾き返し、2塁ランナー小郷が本塁に生還し、先制に成功しました。しかし、その後はチャンスを作るもあと一本が出ず、相手投手の前に苦戦を強いられました。そして迎えた7回、2アウトから3番土井が18球粘り、四球をもぎ取ると、4番伊藤裕がライト前に痛烈な安打を放ちました。シングルヒットと思われた打球でしたが相手守備が後逸をし、その間にランナーの土井が生還しました。結果、この得点が決勝点となり、勝利を収めることができました。

null
先発としての役目を果たした3年生・釘宮

null
驚異的な粘り強さを見せつけ、勝利に貢献した3年生・土井

次の試合

5月23日(火)
対 国士舘大学 二回戦
試合開始予定 12:00~ (上尾市民球場)

これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

サッカー部リーグ戦応援

5 月 14th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日はサッカー部のリーグ戦応援に行ってまいりました。試合は前半序盤に先制を許すも、前半終盤にゴールを決め同点で折り返します。前半は良いペースで攻めていましたが、後半に入ると終始相手にペースを握られ後半中盤に勝ち越しを許します。しかし、後半残り数分まで諦める事なく食らいつき、最後に同点のゴールを決めました。
結果は引き分けとなりましたが、サッカー部の最後まで諦めない食らいついていく姿勢は私たち野球部員にも良い刺激になりました。私たち野球部も次のリーグ最終戦、入れ替え戦をサッカー部のように熱く戦い抜き、必ず勝利を収めたいと思います。サッカー部の皆さん、本日はお疲れ様でした。

null
試合の様子

null
応援する野球部員

立正大学硬式親球部
マネージャー

平成29年度東都大学春季リーグ戦2部優勝

5 月 9th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日、平成29年度東都大学春季リーグ戦2部において優勝を収めることが
できました。昨年あと1つのところで優勝を逃し、その悔しさを胸に日々の
鍛錬に取り組んできたことを結果として残すことができ、本当に良かったと
思っております。
しかし、2部での優勝は、1部へ上がるための通過点であり、ここで終わりで
はありません。3年前に入れ替え戦で経験した悔しさを今回の入れ替え戦で晴
らさなければなりません。応援していただく皆さんの期待に結果でお応え出来
るよう、必ず入れ替え戦に勝利したいと思います。
そして、入れ替え戦に2部代表として胸を張って戦えるよう、5月22日の
国士舘大学との試合を勝利で飾りたいと思います。
本日は熱く、暖かいご声援ありがとうございました。

null
優勝後の記念撮影

2017.5.9 対 駒澤大学 二回戦

5 月 9th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日は駒澤大学との二回戦を大田スタジアムにて行いました。

(駒澤大学二回戦)
駒澤  010 000 003  4
立正  010 310 20✕  7
釘宮(8回)須佐見(1回)-小畑

先発の釘宮は調子のあがらない中、粘りの投球で相手打線を封じました。2回にヒットとエラーが絡み1点を失い、尚も2死1塁3塁の厳しい場面がありましたが、捕手の小畑などの好プレーもあり、それ以上の失点を許しませんでした。しかし、6点リードして迎えた最終回に死球とヒットで無死1塁2塁のピンチを招きます。そして相手打線の4番にスリーランホームランを浴びました。粘投してきた釘宮でしたが、相手もそう甘くはありませんでした。次の打者にもヒットを許したところで、釘宮に変わり、須佐見が登板しました。そして、これ以上の失点を許したくない場面、須佐見が期待に応え三者凡退に仕留めて勝利を飾る事が出来ました。
打撃では、先制を許した2回の裏に1死満塁のチャンスを作り、8番大友が犠牲フライを放ち、同点とします。4回には先頭の4番伊藤裕がライト前ヒットで出塁すると、5番木下が犠打で送り、6番小畑のセンター前ヒットで1死1塁3塁となります。そして小畑が盗塁をきめ、その後相手のパスボールの間に伊藤裕が生還し、勝ち越しに成功します。これを口火に9番大平の左越タイムリーツーベースなどもあり、この回3点の追加しました。5回は押し出しで1点を加え、7回には4番伊藤裕のタイムリーツーベース6番小畑の意表を突くスクイズなどで2点を追加し、この試合では計7点を奪い、勝利を収めることができました。

null
2打点をあげチームを勢い付けた4年生・大平

null
チャンスにも強くチャンスメイクも出来る頼れる4番3年生・伊藤裕

null
最後の回を3人で仕留め、好救援した4年生・須佐見

次の試合

5月22日(月)
対 国士舘大学 一回戦
試合開始予定 12:00~ (上尾市民球場)

これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

2017.5.8 対 駒澤大学 一回戦

5 月 8th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日は駒澤大学との一回戦を大田スタジアムにて行いました。

(駒澤大学一回戦)
立正  000 100 010  2
駒澤  000 001 000  1
鈴木(9回)-小畑

先発投手としてマウンドに上がった鈴木はつけいる隙をあたえない投球で相手打線を手玉にとりました。6回にソロホームランを許し、1点を失うもその後は立て直し、結果9回を投げ1失点9奪三振で勝利に大きく貢献しました。
打撃では少ないチャンスをものにする事が出来ました。4回に先頭の2番河津がセンター前ヒットで出塁すると、3番土井が進塁打を放ち、4番伊藤裕が四球を選びチャンスを作ります。その後、2死1塁3塁の場面で6番小畑を迎えます。そして小畑がライト線へヒットを放ち、1点の先制に成功しました。終盤の8回は先頭の8番井橋がレフトへスリーベースヒットを放ち、大きなチャンスを作ります。そして9番大平がスクイズを決め、1点の勝ち越しに成功しました。結果、この得点が決勝点となり勝利を収めることができました。

null
エースとして勝利に貢献した3年生・鈴木

null
8回に三塁打を放ち、決勝点のホームを踏んだ4年生・井橋

null
先制の一打を放った4年生・小畑

次の試合

5月9日(火)
対 駒澤大学 二回戦
試合開始予定 10:00~ (大田スタジアム)

これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

野球部HPに関する連絡

5 月 4th, 2017 by Rissho Baseball

現在、野球部ホームページが不具合により、更新不可能となっております。
修復が完了次第、試合結果などをまとめて掲載させていただきますので、
ご了承ください。

2017.5.2 対 東京農業大学 二回戦

5 月 3rd, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日は東京農業大学との二回戦を大田スタジアムにて行いました。

(東京農業大学二回戦)
東農  000 000 000  0
立正  220 011 22✕  10
釘宮(7回)須佐見(2回)-小畑(8回)広畑(1回)

勝ち点をかけ、東京農業大学二回戦の先発を任された釘宮は要所を締める投球で相手に得点を許しませんでした。毎回のように安打を許すも7回を投げきり被安打6,三振8、与えた四死球も1つと粘りの投球で相手打線を封じました。8回からはリーグ戦初登板の須佐見がマウンドに上がり、2イニングを三者凡退、奪三振2つという完璧な内容で勝利に貢献しました。
本日の打線は初回から勢いが止まりませんでした。初回に1アウトから2番河津がセンター前ヒットで出塁し、3番土井の打席の間に盗塁を決め、2死2塁となった場面で4番伊藤裕に打席が回り、期待に応えるようにセンターオーバーのタイムリースリーベースを放ち先制に成功します。その後5番木下もセンター前ヒットを放ち、もう1点を加え初回に2点を先制します。そして2回には9番大友と1番小郷が二者連続でホームランを放ち、この回2点を追加して4対0としました。
3回と4回は無得点に終わるも、5回には1アウトから4番伊藤裕5番木下が連続ヒットで出塁し、相手のパスボールで1死2塁3塁としたところで6番小畑の犠牲フライで1点を追加します。6回は代打の滝浪がセンター前ヒットで出塁し、根本郁が代走に起用されます。その後、相手のパスボールと9番大友の犠打で三塁まで進むと再び相手のパスボールで代走の根本郁が生還しこの回は1点を追加しました。7回は4番伊藤裕のセンター前ヒット、6番小畑が四球を選び1死1塁2塁のチャンスを作ります。そして代打の三好が三塁線を破るタイムリースリーベースを放ち、この回2点を追加します。
8回は代打の中尾と佐々木勝のリーグ戦初安打などの活躍もあり、この回も2点を追加し、この試合は計10得点で大勝を収めることが出来ました。

null
リーグ戦初登板を果たし、躍動した4年生・須佐見

null
リーグ戦初安打を放ち、これからの活躍が期待される3年生・中尾

null
代打でタイムリーを放ち、勝負強さを発揮した4年生・三好

次の試合

5月8日(月)
対 駒澤大学 一回戦
試合開始予定 12:30~ (大田スタジアム)

これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

2017.5.1 対 東京農業大学 一回戦

5 月 1st, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
本日は東京農業大学との一回戦を大田スタジアムにて行いました。

(東京農業大学一回戦)
立正  030 000 010  4
東農  000 000 000  0
鈴木(8回)渡部(1回)-小畑

今季3度目の先発となった鈴木は6回まで安打を許さない圧巻の投球を披露しました。7回に2本の安打を許すも、後続を切り、相手に得点を許しませんでした。その後は8回までを無失点で投げきりマウンドを降りました。最終イニングは1年生の渡部が初登板を果たし、見事に3人で抑え、試合を締めくくりました。
打撃では、2回に1アウトから6番小畑のヒット、7番井橋が犠打で送り8番の大友はショートへの内野安打で出塁した間に相手の隙を突いて2塁へ進塁し、2死2塁3塁のチャンスをつくります。そして9番大平が3塁線を抜くタイムリーツーベースを放ち2点の先制に成功します。その後も大平が三塁への盗塁を決め、1番の小郷がライト前にタイムリーを放ち、この回に3点を奪いました。2回以降はチャンスを作るもなかなか得点を挙げることができずに苦戦しましたが、8回には先頭の4番伊藤裕がセンターへホームランを放ち1点を追加し、最終的に4対0で勝利を収めることが出来ました。

null
安定感のある投球で相手打線を封じ込んだ3年生・鈴木

null
だめ押しのホームランを放ち、勝利を引き寄せた3年生・伊藤裕

null
攻守の両面で輝きを放った4年生・大平

次の試合

5月2日(火)
対 東京農業大学 二回戦
試合開始予定 15:00~ (大田スタジアム)

これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

2017.4.19 対 青山学院大学 二回戦

4 月 20th, 2017 by Rissho Baseball

こんばんは。
昨日は青山学院大学との二回戦を大和スタジアムにて行いました。

(青山学院大学二回戦)
青学  000 100 000  1
立正  100 002 00✕  3
釘宮(9回)-小畑

先発した釘宮はヒットを許すも、粘りの投球で青山学院大学に得点を許しませんでした。4回に2本のヒットで1点を失い、ピンチの場面も後続を三振で仕留め、青山学院大学に追加点を許しませんでした。8回には三者三振に仕留める気迫の投球をみせ、9回に2死満塁の一打逆転の場面を招くも、最後は、ライトフライに打ちとり試合を締めくくりました。
打撃では初回に相手投手が乱れ、1点を先制するも、5回までわずか1安打とチャンスを作ることが出来ませんでした。しかし、6回に先頭の3番土井がライト前ヒットで出塁し、2アウトを奪われたあと6番小畑が四球を選び、2死1塁3塁のチャンスを作ります。そして5回からレフトの守備についていた7番井橋が2点タイムリーとなるレフトへのスリーベースヒットを放ち、勝ち越しに成功しました。結果、この2点が決勝点となり勝利を収めることができました。

null
今季2勝目を完投で飾った3年生・釘宮

null
勝ち越し打を放ち、勝利に導いた4年生・井橋

次の試合

5月1日(月)
対 東京農業大学 一回戦
試合開始予定 10:00~ (大田スタジアム)

これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

2017.4.18 対 青山学院大学 一回戦

4 月 19th, 2017 by Rissho Baseball

こんにちは。
本日は青山学院大学との一回戦を大和スタジアムにて行いました。

(青山学院大学一回戦)
立正 000 210 000 000 1  4
青学 100 000 002 000 0  3
鈴木(7回)倉田(1回1/3)木寺(0回)竹井(0回)福井(4回2/3)-小畑

先発した鈴木は初回、2アウトを奪ったあと先制を許すソロホームランを浴び、出鼻をくじかれます。しかし、その後は立て直し7回までを投げ無失点に抑えました。鈴木の後を任された倉田は変わった回無失点に抑えるも2安打を許し、9回には先頭打者へ死球を与え、続く打者に二塁打を許します。そして次の打者を抑えたところで木寺にマウンドを任せます。しかし、木寺が乱調し、その後を任された竹井は安打と押し出しで2点を失い、同点に追いつかれます。もう後がない9回裏1アウト満塁の場面で福井が登板します。そして中フライと三振を奪い、ピンチを切り抜けました。その後は幾度かピンチを招くも粘りの投球で、4回2/3を無失点に抑え勝利に大きく貢献しました。
打撃では、ヒットがなかなか出ない中、四死球を選び、4回に押し出しで2点を奪い逆転に成功します。続く5回も先頭の1番小郷がバントヒットで出塁すると、犠打とヒットで3塁まで進みます。そして3番土井がスクイズを決め、1点の追加に成功します。しかし、その後は安打を放つ事が出来ず、13回を迎えます。13回に先頭の9番大友がライト前ヒットで出塁し、チャンスを作ると、代走に阿部を送り1番小郷が犠打を決めチャンスを広げます。その後2番河津もセンター前ヒットを放ち、2死1塁2塁としたところで4番伊藤裕を迎えます。初球を振り抜くと鋭い打球が三塁線を抜き、2塁ランナーの阿部が生還し、この回1点を追加します。結果、この得点が決勝点となり、勝利を収めることができました。

null
好救援し、勝利を呼び込んだ4年生・福井凌一

null
決勝打を放ち、勝負強さを見せつけた3年生・伊藤裕季也

次の試合

4月19日(水)
対 青山学院大学 二回戦
試合開始予定 10:00~ (大和スタジアム)

これからも熱く、温かいご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。